« レインボーカラーJAS 777の思い出 | トップページ | 大阪空中散歩 »

2012年5月31日 (木)

2009年で死んだ訳じゃない

 FSXの開発は2009年に正式に中止された訳ですが,じゃ、その時点で時計が止まってしまったかというと全くそうではなく,世界中の有志によってまだまだ更新や開発,最適化が続いています。 と、言いつつまだ世界のFSX情報には疎いのですが。
 
Skytree
 ということで、先日オープンした東京スカイツリーもとっくにFSXの世界では完成してました、ってのが上の図。 これ以外にも、一対の恐竜がスクラムを組んだかのようなデザインの東京ゲートブリッジも再現されいるのにも脱帽です。 これはSHIGEさんという方の追加シーナリーで、これに有料のOchiai氏のFSX-TOKYOというのを入れるとさらに凄いことになるようですが,とりあえずこれは来月辺りまで我慢しているところです。(こんなクオリティが大阪にも欲しい)
 
 機体はこれまたSugiyasuさんのリペイントサイトからスターアライアンス塗装のFSXデフォルト737-800にしました。 この機体、結構各地の空港で見かましたし、多分実際に利用しています。 そのときは、加盟航空会社が使い回しする為の機体だと勝手に思い込んでいたのですが,今改めて機体ペイントを見ると純粋なANA所有の機体だったんですね。
 たまたまこれを書く為にアクセスしたスターアライアンスのページにもあるように、最初は五社で始まったこのネットワークも、いつのまにかかなり広がりましたねぇ。
 
 シーナリー追加もやめられないし,リペイント追加もやめられまへん。

« レインボーカラーJAS 777の思い出 | トップページ | 大阪空中散歩 »

アドオン」カテゴリの記事

機体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レインボーカラーJAS 777の思い出 | トップページ | 大阪空中散歩 »

AdSense

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ