« ジェット機への移行 by 自動操縦 | トップページ | エドワーズ空軍基地ツアー(2) »

2012年6月30日 (土)

エドワーズ空軍基地ツアー(1)

Edwards99
 ジェット旅客機も操縦できるようになったし、というささやかな自信を見事に砕いてくれるのがこのミッション。 遊覧飛行はともかく、スペースシャトルとどこで遭えるかわからないし、最後の最後には着陸が待っています。
 私は何期もの国防長官とその取り巻きの屍を超えてミッションをクリアしました。
 
 では順を追って。
 まず偉そうな長官の声を聞きながらエンジンを始動しますが、正攻法ではスターターを回す前に混合比レバー(スロットルの右)を全開にしなければなりません。 Ctrl+Eで始動した方が楽です。
 視界が良くない上に、遊覧飛行のために低空を飛ばなければなりません。 よってこれまた掟破りの自動操縦のALT(高度)を使用します。 地表から500ftだけ高い2800ftにセット。 さらに帰りのことを考えてCRSを240にセットします。
 
 誘導路突き当たりを右に折れてそのまま離陸し、右ターンをして最初の目標であるシャトルクレーンを目指します。 離陸からシャトル迎撃に向かうまで私はずっとフラップをapproachにしたままにしました。 低速、低高度で、さらに急旋回を行うためで、以前の山地飛行で学んだキャニオーンターンの応用です。
 離陸後はずっとスロットル50%弱で、速度は110〜120ktで遊覧飛行を楽しんで頂きます。
 
 最初のクレーンから最後まで全て左回りとなります。 ただし、離陸前に相棒が説明したように、長官一行は左側の席に乗っていますから、コツとしては簡易コクピット表示の速度計あたりを緑色のマーカーが通過するようにすればミスがありません。 なお、長官が「よし○○○、次は△△△だ」と何らかの台詞を言うまでは通過とみなされません。
 最初のクレーンから次の目標に転じる時のみ、ミッションコンパスは最初深い旋回を指示し、これを信じて急旋回を開始すると途端に緩角度に変更されます。 おっとっととならないように最初から緩旋回で臨んで下さい。
 
 自動高度維持はこの速度と高度では過信は禁物です。 うっかりしていると旋回時にどんどん高度が落ちて墜落しますので、適当に操縦桿を引いて高度維持に努めて下さい。 旋回は30度を少し超えても大丈夫ですが、高度回復の急上昇には長官の腰は耐えられないようで、ミッション失敗に繋がります。 
 
 スペースシャトル迎合は(2)へ..

« ジェット機への移行 by 自動操縦 | トップページ | エドワーズ空軍基地ツアー(2) »

ミッション攻略」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジェット機への移行 by 自動操縦 | トップページ | エドワーズ空軍基地ツアー(2) »

AdSense

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ