« これがある意味、日本のB787晴れ姿 | トップページ | B787のVNAVでTODから降下しない »

2012年6月15日 (金)

IBEXのCRJ700で福島へ飛ぶ

Crj700_01
 数年間、毎年秋に大阪から栃木県にあるツインリンクもてぎに行かなくてはならない仕事がありました。
 あそこへは車で行くのが普通ですが(普通でない例としては東京ヘリポートから、っていう体験もあり)、なにしろあそこは常磐道からも東北道からも遠い。 これはJRにしても事情は同じ。 不便なのである。
 
 しかし、ある日気がつきました。 伊丹空港から福島空港へ飛行機で飛び、そこからレンタカーで東北道を矢板まで南下、一山超えるのが一番早い方法だと。 特にその頃は伊丹ー福島間はANA, JALの二系統が飛んでおり、(現在はANA系のみ)結構便利だったのです。
 さらにこのルートを利用し始めたときには多分B737とかA320とかが飛んでたような記憶があるのですが、ある年、伊丹空港に行ったらビルの一番端で待たされて、ボーディングブリッジもバスも無く、指示されるままに歩いて行ったらそこにはノエビアのCMに出てきそうなビジネスジェットが。 これがボンバルディアCRJ初搭乗でした。
Crj700_02 
 思うにこれはJAL系でしたが、現在ANA系のIBEXもやはりCRJですからこのタイプの路線には丁度都合の良い機体なんでしょうね。
 厳密には現在使用されているのは100/200、FSXにデフォルトで用意されているのは700なのですが、良いじゃないですか。 でもって、まず先にA. "mace" SuzukiさんのサイトからIBEXのリペイントデータを頂き、空港の方はそれより先にHiroさんのサイトから福島空港の精密シーナリーを調達。 ありがとうございます。
 
 さて、どこを飛ぶか、ですね。 記憶では伊丹離陸後、名古屋から信州の南と関東平野の北をかすめ、宇都宮駅を眼下に見ながらいつの間にか山中に入り、気がついたら福島空港が目の前、というものでした。 これには以前少し触れていたように、エアロシムの“FlightPlan2 for FSX"の西日本と東日本をダウンロード購入して対応。

 お〜、あるある、これ二本で暫く飽きませんなぁ。 
 そこからW18経由の福島ルートを選びますと、大方は私の記憶通りのルート。 いつもの羽田行きとは違って名古屋上空を通過。
Crj700_04
 富士山は右に、諏訪湖と八ヶ岳を左に眺めながら...
Crj700_05
Crj700_06
 あれ?この空港はなに? コードはRJTU、調べるのに少し苦労しました。
Crj700_07
 「陸上自衛隊宇都宮駐屯地」
 陸上自衛隊の固定、回転翼乗務員の養成所だとかで、ああ、ここに民航が降りられればツインリンクは一山超えればすぐそこなのに...
 
 そしてW18を北に降りれば程なくしてほぼ真っすぐでRW1。 空港周辺を車で走っているとひときわ目立つ赤塗りの高層鉄塔で組まれた誘導灯をバーチャルとはいえ操縦席から見ると圧巻です。 山中にあるせいか、いつもここへの着陸は結構荒れているんですが、今回は例のJeppesenの15分リアル天候を適用したにもかかわらず安定していました。
 駐機場はアドオンシーナリーならではの詳細さ。 そうそう、ロビーに降りたら一番左端のカウンターでレンタカーの手続きをしつつ、時間がある時はビル内の喜多方ラーメンを食ったりしたこともあるんですが、これは残念なお味(当時)。
Crj700_08
Crj700_10
 てなことを思い出させてくれたIBEX CRJでの福島行き。 帰路は帰路でまた忘れられないエピソードがありまして、でもそれには日本トランスオーシャンのリペイントを探さねばならないのでした。
Crj700_12

« これがある意味、日本のB787晴れ姿 | トップページ | B787のVNAVでTODから降下しない »

旅行・地域」カテゴリの記事

アドオン」カテゴリの記事

コメント

ニキ・ラウダ、今でもたまにF1のパドックに現れてますね。

気になって調べてみたら、機体の欠陥が原因の墜落事故が遠因でラウダ・エアは実質経営権を手放しちゃったんですね。
でも、その後ニキ航空をまた作ったそうで、空への情熱止まぬって感じです。

CRJ自体は機内サービスも無く、これで広胴機と運賃は同じで、「とりあえず乗ってからコーヒーを頂こうか」というわけにも行きません。 ちょっと損した感じを受けました。

IBEXに名前が変わる前、フェアリンクの1号機はラウダ航空から購入したCRJ(多分100)。
当時それだけの理由でCRJに乗ってみたかったのを思い出します。

ってFSXとは全然関係の無いお話しでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« これがある意味、日本のB787晴れ姿 | トップページ | B787のVNAVでTODから降下しない »

AdSense

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ