« シトカ アプローチ | トップページ | ハワイチェックフライト(2) »

2012年7月24日 (火)

ハワイチェックフライト(1)

 さて次はハワイチェックフライト。 地図を見ていると、本当、こんなところを軽飛行機でのんびり飛べたら最高の観光ですね。
 
Hawaii01
 このミッションの特徴は、出発地のモロカイ空港を離陸して一直線、目的地のハナ空港に降りさえすればミッション成功になることです。 で、この花空港(ま、この誤変換は美しい)の着陸設定がえげつない、と。
 そして、それではあまりに情緒が無いので、隣に座った元観光ガイドのパイロットの指示通り飛ぶことにしましょう。
 
 GPSの設定通りに浸食による断崖絶壁を見た後、マウイ島に向かいます。 GPSは"MAP"ボタンを押してさらに"TCFO"表示にすると地形が表示されて見やすくなります。
 ラハイナはGPSよりも沖よりを飛ぶようにし、この辺りから高度1000mにセットします。 なお、今回は単調でありながら時間が長く、そして風が不安定なので自動操縦の高度と翼水平(ctrl + v)をを積極的に利用しました。 ラハイナですねぇ、パタパタですねぇ、府立K高校昼休みのフォークダンスですねぇ。
 
Hawaii02
 「以前この辺りを低空飛行していると...」という台詞が聞こえていたら速度90kt前後に落とします。 そうすると「いました!!!!」とめでたくザトウクジラ遭遇となるのですが、潮吹きらしいのは見えるものの、いまだにクジラ本体が見えたことはありません。
 
Hawaii03
 さてそこからハレアカラ山の天文台を見るために一気に10,500ftまで上昇します。 しかし非力な単発機ですから、そう簡単には行きません。 よってGPS上のHARPOを通り越してもさらに上昇を続け、5〜6000ftまで稼げたら、ゆっくりと大きく右旋回し、再度HARPOを通過してハレアカラ山に向かいます。
Hawaii04 このとき、登録されたカフルイ空港(PHOG)へのルートから大きく外れ、峰沿いにほぼ一直線にハレアカラ山頂に向かいます。 この辺りは横風がかなり酷く、翼水平機能を使用してもどんどん西に流されますので注意が必要です。
Hawaii05 
 ここまで近づく必要はありませんが、「太陽は火口に帰って眠ると信じられていた」という意の台詞が聞こえたら降下開始です。

« シトカ アプローチ | トップページ | ハワイチェックフライト(2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

ミッション攻略」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シトカ アプローチ | トップページ | ハワイチェックフライト(2) »

AdSense

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ