« サンファン諸島路線(クッシュマン湖行) | トップページ | YS-11で隠岐に飛んでみた »

2012年7月27日 (金)

サンファン諸島路線(フライデーハーバー行)

 そうそう、FSXのミッションブリーフィングではこちらが本来のフライトでした。
 
San201
 サンファン諸島周辺の美しい景観や、この辺りの氷河期由来の入り組んだ地形を見ると、ここに本社を置くボーイングが、なぜ最初に飛行艇作りから始まったのかが非常に良く理解できます。 ただ、クッシュマン湖への変更伺いの無線で女性が言うように、こちらは長くて退屈。 だから二度目からは高度3000ftにセットし、さらにプレイスピードを八倍にして短縮短縮。

San202
 なぜなら、またまた接岸に失敗したにもかかわらずミッションとしては成功表示。 そして盛装のカップルはプロペラがもうもうと跳ね上げる水しぶきに文句も言えないという、非常に申し訳ない状況に陥った為に再挑戦したわけです。
 
San200 さてさて、今回の乗客は怪しげなカップル。 って、一人はクッシュマン湖行きをチャーターした怪しげな男じゃないですか。 不倫だな、絶対不倫だ...
 
San203
 「旦那、今回は奇麗な女性をお連れで、へっへっへ」なんて下衆な質問をぐっとこらえ、折角なのでシアトル市街地経由をサービスすることとし、まずはセイコフフィールドをお見せしました。
 
San204
 右奥のワシントン湖北端が今回の水上飛行機の基地があるケンモアで、中央の湖がいつもお客を拾うユニオン湖、その手前が前回もご紹介したスペースニードルタワー。
 
San205
 目的地のフライデーハーバー自体は岩礁の向こう側なので、その手前にあるロペス島の空港の上を通過し、その後左旋回で着水するイメージがよかろうかと存じます。
 
San206
 着水に関して、つい最近CATVで新明和のUS-1,2の自衛隊特集番組を見ていたところ、着水時に仰角を非常に大きくとっていたのが印象的でした。 どうもそれはこのミッションでも同様のようで、こちらもバーチャル故に水面までの高さが今ひとつわかりにくい中、減速してひたすらフレアを大きめにとると安定して着水できます。 フロートとの関係で、どう転んでもお尻を擦るってことにはなり得ないんでしょうね。 それよりも前傾になってエンジンやプロペラに水がかかるのを避けるべきなのかと想像します。
 
San207
 ということで、今回も接岸に注意。 なぜかここはこれまでよりも摩擦係数が低いというか、エンジンを絞り切っても空走感が強く感じます。 冒頭の失敗画像の他にも、正面の他機に正面衝突してミッション失敗の経験あり。
 
San208
 ところが慎重すぎると、ミッション成功したのに、カップルはかなり前方に降りているという不思議な状況が現れます。
 
San209
 気持ちが悪いので、チビチビと近寄って、取りあえず絵面だけは帳尻を合わせました。

« サンファン諸島路線(クッシュマン湖行) | トップページ | YS-11で隠岐に飛んでみた »

ミッション攻略」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サンファン諸島路線(クッシュマン湖行) | トップページ | YS-11で隠岐に飛んでみた »

AdSense

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ