« テルユライドへの着陸 | トップページ | ローマ - ナポリ定期便(2) »

2012年8月18日 (土)

ローマ - ナポリ定期便(1)

Rome11
 左に見えるのはローマ、だそうです。

 さて、このミッションは機体がエアバスA321です。 これがボーイングの機体に慣れているプレーヤーにとっては非常に癖がある機体であるというのがわかったのはつい最近、ミッションとは関係なく、個人的な思い出を基に関空から女満別に気まぐれにA321で飛んだ時でした。

 エアバスはボーイングとは全く操縦に関する思想が違い、いわゆる操縦桿が操縦士の正面に無く、両サイドにある、まるでゲーム用のスティックで機体を操ります。 自動操縦中のスロットルレバーの動きなどもボーイングとは全く違う訳ですが、それはさておき。
 要するにイギリス製のSaitekのシステムとFSX上のA321は非常に相性が悪いのです。
 
 簡単に言うと、オートパイロットのメインスイッチが入っている限り、Saitekのヨークもペダルも操作を受け付けません。 さらにマルチパネルのピッチホイールの操作も受け付けませんから、自動操縦をオフにすると大変な労力を強いられます。
 従って自動操縦を解除するのは本当に着陸直前でないとSaitekユーザーとしてはコントロール不可能状態に陥ります。 じゃ全く駄目かというとキーボードではトリム調整は可能です。 ただし、私個人の事情として、AppleのiMac+Bootcamp+Apple Keyboardでは全くFSXを満足にコントロールできない事情がありますので、困ったもんです。
 
 オートパイロットが壊れたら手動で飛ばなくちゃならないんだぞ!!!!、と言われたら、正直「無理!」 ボーイング系はもっと柔軟ですから、私の環境ではA321は苦手系になってしまいました。
 
 とは言え、ミッションはクリアしなければなりませんので、着陸寸前まで自動操縦を使う、という前提で素進めます。
 と、言いつつ、眠くなって来たので続きはまた明日...
 
Rome12 
 ところで、このダミー機体、エンジンがバイパスジェットじゃないですから、DC-9でしょうか? 或はBAe111??

« テルユライドへの着陸 | トップページ | ローマ - ナポリ定期便(2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« テルユライドへの着陸 | トップページ | ローマ - ナポリ定期便(2) »

AdSense

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ