« 雪山に消えた同僚(1) | トップページ | 雪山に消えた同僚(3) »

2012年9月28日 (金)

雪山に消えた同僚(2)

 取りあえず一旦現場をやり過ごし、広いところでキャニオンターンをかまして戻ってきます。
 ターゲットが見つかったら画面左上にミッションコンパスが出ますから、その標高表示を参考にしたほうが着陸しやすいと思います。 何せ下は一面の雪景色で、さらに傾いていますから通常の着陸感覚が役に立たないからです。
 そりを降ろして(コクピット左下。多分ギアダウンショートカットでもOKかと)機首上げ気味で低速水平飛行していると、相手は山の斜面ですから自動的に着陸と相成り、あとは墜落機のところまでスロットルを開いて地上をにじり寄ります。
Missing11
 
 コツは常に麓側からアプローチし、スロットルで登り斜面に止まる、という位置関係を探すことでしょうか。 ブレーキはほとんど利きませんから、一度滑走し出すと地形まかせにズルズル滑りまくります。
 この状態に陥ったら一応後輪でステアできますから、とにかく斜面に向かうようにして推力で釣り合う位置と角度を探さなくてはなりません。

Missing12 
 で、このあほんだらが横着者で、こっちへ来たら良いものを、自分はずっと機体の横で手を振っているだけ。 コ・パイも基地を出る時にはこいつに対して批判的なことを言ってたのに「機体を寄せてあげて」とか優しいこと言うし、なんか様子が変。

Missing13 
 どんなツラかと激突覚悟で寄った画像がこれ。(このあとクラッシュしてミッション失敗に) あれ?新人とか言うから若者かと思ってたら、じいさん?  あ〜あ、バロンがボロボロに。

Missing14
 だから手を振ってるばかりじゃなく、こっち来い。 にしてもええ革ジャン着てるな。

Missing15
 ミッションコンパス上で0.0NMの範囲内に数秒間停止していればじいさんが乗り込んだことになります。 コ・パイはいきなり離陸して、とクールに命令するので、そらそうだよなぁ、この爺さんの軽率な操縦で我々がここまで苦労したんだから怒るよなぁ、と思ってたら、何と爺さんにはめちゃ優しい言葉をかけてコーヒーまでいれてやってます。 おい、俺にはくれなかったよな。 勧めもしなかったよな? な?

 さて、真面目な話、この雪原を動き回るのにそり(スキー)を降ろした方が良いのかどうか判断に迷いました。 ずっと降ろしたままだと、地面の起伏(恐らく岩)で「ガシャン」という音が盛んに聞こえてきますし、あまり酷くなるとミッション失敗になります。 かといって引き上げると今度は明らかに雪に突っ込んでプロペラを破損するのか、エンジンが止まってしまいます。
 唯一確実なのは後退時にそりが上がっているとお尻から雪に突っ込んでしまうことくらいでしょうか。

Missing16 
 とはいえ、離陸はとにかくそり上げでコントロールを確保、何とか谷底に機首を向けたらフラップを降ろしてエンジン全開。 少々機体がはねますが、速度が上がるのを待ってクラッシュするくらいなら早めに操縦桿を引いて離陸した方が良いでしょう。 何せ下は斜面ですから、脚が浮いてさえしまえば上昇角度を押さえて加速、離脱できます。
 
 「あんたに操縦を頼んで良かったわ」とはコ・パイは言ってくれますが、どうもジジイとの会話が楽しげ。
 おまえら...もしかしたらできてるやろ。 オジ専やったんか>コ・パイ
 
(さらにしつこくつづく)

« 雪山に消えた同僚(1) | トップページ | 雪山に消えた同僚(3) »

ミッション攻略」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪山に消えた同僚(1) | トップページ | 雪山に消えた同僚(3) »

AdSense

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ