« 雪山に消えた同僚(2) | トップページ | JEPPESENチャート入手 »

2012年9月28日 (金)

雪山に消えた同僚(3)

Missing21
 最初にシュラン湖を飛び立つときにはどうも夕暮れが迫っている、というようなシチュエーションだったのに、終わってみるとどうも朝のような風景です。 まぁ、仕事も終わったし、気分がいいのでそんなことはどうでも良いとしましょう。
 
Missing22
 以前「リゾート地への届け物」でバロンで同様にシュラン湖に帰って来た時は片肺になったこともあって谷沿いにずっと降りてきましたが、今回は機体に問題はありませんので山越えで戻ってきました。 すると角度と高度がこの関係になりますので、ドッグレッグで向こうから着陸します。
 
Missing23
 思えば前回はバロンでモールを拾いに行き、今回はその逆でモールで落ちたバロンを探しに行ったことになります。
 
 さて、話戻って爺さんを助けて離陸した時、コ・パイがシュラン湖へ直接戻っても、一旦ステヒカンに降りて友人のモーターホームで休憩してもどちらでも良い、と言ったのを覚えていました。
 そこで、それも良かろう、と別途トライ。
 
Missing24

 こちらから着陸すると今回は追い風が強くて、なかなか止まるのに苦労します。
 よってこれもまた先の谷で急旋回して北側からアプローチ。 滑走路左奥には以前モールが置いてあった辺りにモーターホームが確かに見えます。
Missing25
 
 着陸してみたら、なんとここでもミッション成功となりました。 これなら時間をかけてシュラン湖に戻るより絶対に楽です。
 
Missing26
 さて、もしかしたらできているかもしれないコ・パイと爺さん。 ステヒカンへの結構厳しいアプローチ中にのほほんと今回の救出劇を語り出します。 ええかげんにせえよ、だいたいお前操縦手伝えや。 あれっ?あんた後席に移ったの?
 「少し横にならせてもらっても良いか」と爺さんが言ってたけど、もしかしたらそれはあんたの膝の上とか?
 
 無事着陸してこのモーターホームを見たら、この二人とこんな狭い空間で一緒にいたくない!と猛烈に後悔しました。 一人で帰ったろかな。

« 雪山に消えた同僚(2) | トップページ | JEPPESENチャート入手 »

ミッション攻略」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪山に消えた同僚(2) | トップページ | JEPPESENチャート入手 »

AdSense

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ