« 秘密のシャトル便 | トップページ | コークスクリュー »

2012年9月10日 (月)

自然動物保護区パトロール

 実はこのミッション、今の今までやったことがありませんでした。 多分Trikeだし、と無視したんだと思います。 が、こちらは二人乗りながら、一人乗りはそれ以後大阪市内を飛んで以来、エドワーズ空軍基地の探検等に非常に重宝することがわかり、愛着が湧いてきた機体です。
 
 とにかく離陸も着陸もイージーな機体で、オートパイロットなぞは一切無効なのは当たり前、それでもエレベータートリムは効きますから(実物はどうなんでしょね)、一旦浮いてしまえば気楽なものです。
 ただ、設定では後ろに国立公園のスタッフが乗っている筈なのに、第三者画像では一人しか乗っていません。 そうか、幽霊だったのか、おっさん。
Jungle1
 
 ミッション自体はこの幽霊の指示通りに飛ぶだけです。
 最初4000ft位で飛んでたら「もう少し降りてくれ」というリクエストが背後から来ますが、この辺りの標高自体が3600ft弱の高地なので3700〜3800くらいが安全な限界かと思います。 気流は左右には振られるものの、上下には安定していますので、基本的にはお気楽なジャングルフライトです。
 
 途中でトラックで落ち合ってから北へ。 高い木が密集している森まで行くと引き返せ、と指示されます。 その際も方角が明確に指示されますのでそれに従うだけ。
 結局トラックと再度合流し、道の南側でおっさんが見つけてくれて一件落着。 でも子象、めっちゃ小さい。 「あんたの御陰で発見できたよ」と褒めてくれますが、いやいや、おっさんが発見してくれなきゃ絶対見つけられませんでしたよ。
Jungle3
 
 このトラックとの共同作業、いつもはぐっさりと地面に突き刺さっているように見えるミッションポインタがトラックとともに道路をゆっくり移動するのが笑えます。 ただし車はかなり近づかないと表示されないので不気味でもありますが。
Jungle2
 
 おっさんを降ろす為にトラックの横に降りたら、トラックじゃなくてランドローバーでした。 う〜ん、さすがはアフリカ、元イギリス植民地。 あれ?でもこれじゃいくら子象とはいえ乗せられないでしょ。
Jungle4

 ミッション終了後も、暇つぶしに最初に飛び立ったキャンプまで戻りました。 一応滑走路らしく整地された部分があります。
Jungle5
 
 ま、そんなお気楽な話は置いといて、ここはジンバブエなんですねぇ。 いつもの如く地図で確認するのにグーグルマップで検索したら、まずFSXで表記されている「ホワンゲ」では検索ヒットせず、「フェンジ」となっていました。 まぁ、確かに読みにくいスペルではあります(ショナ語?)。
 ジンバブエって...、と気になってwikiを見ると、ああ、やっぱり、と暗い気持ちになりました。 ムガベ大統領の独裁無法地帯です。
 FSXのミッションになぜジンバブエが舞台として組み込まれたのか、もし隠された真意があれば知りたいところです。

« 秘密のシャトル便 | トップページ | コークスクリュー »

ミッション攻略」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秘密のシャトル便 | トップページ | コークスクリュー »

AdSense

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ