« 大阪空港大混乱 | トップページ | 自然動物保護区パトロール »

2012年9月 6日 (木)

秘密のシャトル便

 これは以前のテルユライドへの着陸と同じく、どことなく緩んだミッションです。 というか、いかにして正体不明の飛行物体を楽しむかというサービスメニューなのかもしれません。
 
 エンジンをctrl+Eでかけたら、自動操縦の高度を4500、速度を320にセットしておき、離陸が終わったらAPメインをONにして高度と速度を維持します。 と言ってもすぐに高度は14,000まで許可が出ますので、あとは指示通りルートを辿って行けば良いと思います。 気流は安定していますので、進路についてはマニュアル対応でも余裕の筈です。
 
 で、最初のミッションポイントから010に旋回する時に最初の未確認飛行物体と遭遇しているようなのですが、何度挑戦してもその物体を確認することができませんでした。 もっと速度や旋回ポイントを変える等の努力が必要なのかもしれませんね。
 とはいえ、遭遇自体がミッションの成否を左右する訳ではないのでそのままピラミッドと称されるポイントへ北上。 ここを左に曲がると目的地の空港は目の前です。
 
 さてここでの左旋回では、かなりの確率で眼前を右から左に横切り、一足先に着陸する変な飛行物体と遭遇できます。 なんなんでしょね〜、多分先の視認できなかった飛行体がUFOで、こっちは米軍が密かに開発している新型航空機というところでしょうか。
Ar51_1
 
 指示された速度と高度を辿ると、着陸にちょうど良い位置に来ますから、あとは腕一つ、って最初このミッションにトライした時には結構おっとっと、乗客が軍関係者で良かったね、程度でしたが、今改めてやってみるとPAPIも無いのになんとかそれらしく降りることができました。
 
 なお、14,000ftの巡航高度に達するタイミングが遅すぎると、降下指示が出ているにもかかわらず「高度が低い、14,000ftを維持して下さい」というとんちんかんな指示がコパイから飛んで来ます。 「へ、さいでっか?」と指示通りにしたら見事空港上空を爽快にパスしてしまいます。 とにかくピラミッド曲がったらアプローチです。
 
 さて、指定された場所に駐機すべくタキシングしていると、ここはコパイがドリームランドと呼んだようにいろんなものが転がっています。
 何だか盛んに大音量で奇音を発しているのはロケットテストでしょうか。 SR71は既にエドワーズ空軍基地で目撃していますが、およ、その横はもしかしてF22じゃないでしょうか。 頭上ではAIヘリが結構頻繁に飛んでいます。
Ar51_3
Ar51_2
Ar51_4
 
 いくつか扉を閉ざした格納庫もありますから、さて、またまたAirCreation Trike Ultralightで探検してみました。 秘密の空港なので、さてどうやって辿り着こうかと考え、近所であるだろう、と思われる他の空港から目指してみても、迷うばかり。
 ところが、調べてみたらこの空港は秘密基地、といいながらAR51という立派な名前がついていて、FSXの空港リストから簡単に選択できるのを知ってあら?っと肩すかし。
 
 ともあれ、いきなりTrikeで立つAR51。 天候条件が違うので雰囲気も違います。
 残念なのは本家のエドワーズ空軍基地と違って何もありません。 不思議な形のキノコのような建造物も一つ丸々無くなっています。 ただ、謎の爆発物体はこの奇妙な建造物と深く組み合わさって何だか大変なことになっていました。
Ar51_5
Ar51_6
 
 また、Iヘリは結構頻繁に飛んでおり、試しに追ってみましたが、Trikeでは全く追いつきませんでした。
Ar51_7

 実物のAR51は結構面白そう、というかワケありそうな場所で、全文英語でよければWikiでどうぞ。 今回の地理関係はこちら

« 大阪空港大混乱 | トップページ | 自然動物保護区パトロール »

ミッション攻略」カテゴリの記事

コメント

 アドバイスありがとうございました>安茂里しんざさん

 時間ができたので、久々に「秘密のシャトル便」やってみたら、ほんと、今度はちゃんと最初のUFOに接触できました。
 遭遇画像は改めての新規発言で。
 http://obalogfsx.cocolog-nifty.com/blog/2013/11/post-cfe3.html

010に旋回する際のUFOは、オートパイロットで高度1400ftを飛行、指示されてから進路を変更する際に通過してゆきます。大事なのは、高度を1400ftに保つことです。頑張ってください!

いや〜、BDレコーダーが、新しく始まったアニメを勝手に録画してくれているのをザッピングしてたら、たまたまこのAR51のネタが出てました。
あのや○いさんがパロディで出てくるくらい怪しいネタでは有名な場所だったんですね。
そんな危ないところにもかかわらず、Trikeでフラフラ飛んで行けるのはバーチャルならではです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪空港大混乱 | トップページ | 自然動物保護区パトロール »

AdSense

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ