« Windows7を64bit化 | トップページ | 秘密のシャトル便 »

2012年9月 2日 (日)

大阪空港大混乱

 FSXではなくリアルの話。
 
 昨日、昼過ぎに気象レーダーを見ていて、そろそろ雨が降りそうだから洗濯物を入れないと、と西側のベランダに出たらJALのB777がこちらにお尻を向けて大阪空港のグライドスロープを脱出していました。
 一瞬何が?と驚きつつ、恐らくその頃から荒れ始めた大阪市内〜大阪空港の気象が悪化し、空港手前の豊中辺りで着陸を中止したのだと理解。
 
 そこから見る見る天候が悪化し、そのJAL機は一向に帰ってくる気配はありません。 もしや、と思って今度は東側のベランダに出てみたら、案の定三機程が円を描いて生駒山遊覧飛行を強いられていました。
 ここんとこ、夏の大荒れの天気で結構珍しい着陸管制が行われることが多い大阪空港ですが、それでも生駒上空で旋回を強いられるケースは記憶していません。 尤も、エアバンド受信機がある訳じゃないですから、その辺りはあくまで素人目の範囲内です。
 とにかく、覚えている限りANAのB777だか787だかは三周旋回していましたから、乗客やパイロットなどはうんざりしていたでしょう。
 
 その後、天候が回復するにつれ順次着陸しましたが、今朝の朝刊では最初にゴーアラウンドしたJAL機は117便で、何とあのあとやり直しではなく関空に回されたのだとか。 それを思うと生駒遊覧飛行を強いられても当初の目的地である大阪空港に降りることができた便の乗客はラッキーだったのかもしれません。
 
 余談ですが、この関空に回されたJAL117便の直後、もうどこのエアラインかも確認できない程の悪天候の中を着陸したプロペラ機がありました。  恐らくANAのボンバルディアだと思いますが、プロペラ+後退角の少ない主翼の強さを改めて見たような気がしました。 さすがにILS付32Lに降りましたが...
 
 この大阪→関空への変更(大阪市内の真上を飛んだのかなぁ)、及び生駒上空での旋回も、FSXで再現してみたいですね。

« Windows7を64bit化 | トップページ | 秘密のシャトル便 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Windows7を64bit化 | トップページ | 秘密のシャトル便 »

AdSense

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ