« コークスクリュー | トップページ | 雪山に消えた同僚(1) »

2012年9月22日 (土)

マリンジャンボであ〜る

Marine01
 FSXの楽しみの一つにリペイントされた機体を飛ばす、というのがあり、私は今のところsugiyasuさんのサイトから拝借するのがメインです。
 
 ここのB747-400/400DにはANA, JALの各ペイントはもちろん、ANAのマリンジャンボやポケモンジャンボ、果ては自衛隊所有の日本政府専用機のデータが揃っています。(さすがにJALの東京湾岸米国ネズミのデータはありませんが)
 これらは私が国内線を一番利用していた時の機体たちで、実際にピカチュウジャンボには搭乗していますし、政府専用機は羽田や新千歳に駐機しているのを何度も目撃しています。
 
 で、sugiyasuさんはエアロシムの機体をメインにリペイントされており、上記データを利用する為にはエアロシムの機体を購入しなければなりません。 この法則により私は既に過去にB787YS-11、そして下地島のプランに付属する形でB777を持っています。
 春にFSXを購入して以来これまで、ネットの情報を見る限り、エアロシムの機体はあまり高い評価を得られていないようで、事実今回止むなく購入したB747-400も明らかにエンジン推力が低い等の不満は複数あります。 でもsugiyasuさんのリペイントデータを利用する為には仕方が無いんですよね〜。 エアロシムはsugiyasuさんに感謝しても罰が当たらないと思います。
 
 ま、それはともかく、FSXに突然はまった2012年の夏も終わろうとしておりまして、その締めくくりとしてマリンジャンボで羽田から那覇まで飛んでみました。 私にとってFSXの那覇は初訪問です。
 リアルの那覇は伊丹から訪れたことがあり、米軍のせいで離発着ともいびつなルート(高度)を強いられていたのが非常に印象に残っています。 この辺りの真面目な話は本家のblogの方に書き残してあります。
 
 ANAのスペシャルペイントと言えば2012年9月末まで、創立60周年のデザイン募集をしています。 思わぬ拾い物はこのページの左下にある20年前(なんと、そんなに前だったんですね!)のマリンジャンボ誕生時のダイジェスト映像。 私はこの手のペイントは航空会社の整備ブースでやるんだろう、と思ってたら、シアトル(ワシントン州)にあるボーイングのエバレット工場でやってたんですね。
 シルバーのベアボディにアメリカ人があのユーモラスなペイントを施し、そしてそれが実際に空を飛ぶ姿には感動しました。
 
 てなわけで、暫くはこのB747-400で遊びます。(ウィンングレットの有無等、細かい設定ミス等はご容赦を)
Marine02
やっぱ、笑ってしまいます。
Marine03
静岡上空から富士山に別れを告げ、いよいよ南の島ルートです。
Marine04
とはいいつつ、日本列島つかず離れず。向こうに見えるは紀伊半島。
Marine05
奄美大島が見えたらあとは徳之島、沖伊良部島、与論島と続いて、いよいよ沖縄本島が見えてきます。
Marine06
那覇空港が見えているのに、その手前にある嘉手納、普天間等の米軍に遠慮して遠回りが始まります。
Marine07
右旋回していよいよ着陸です。脚が一杯生えているのがジャンボらしい。
Marine08
ILSとデータ上の滑走路が微妙にずれていて、おっとっと気味でタッチダウン。見えるでしょうか、垂直尾翼では蛸が凧揚げをしています。
Marine09
何をやらかしたのか、最近ボーディングブリッジが現れません。そのかわり支援車両が一杯現れるのがエアロシム機体の特徴。

« コークスクリュー | トップページ | 雪山に消えた同僚(1) »

アドオン」カテゴリの記事

機体」カテゴリの記事

リペイント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コークスクリュー | トップページ | 雪山に消えた同僚(1) »

AdSense

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ