« あと少しの「ロケット打ち上げ警備」 | トップページ | ロケット打ち上げ警備(2) »

2012年11月20日 (火)

ロケット打ち上げ警備(1)

Rocket00
 やっと終わりました。
 ネット上には成功ムービーはあまたあるもの、具体的な攻略法を文書で書いたものが日本語はもちろん、英語サイトでも発見できず、先の自分の中間報告で書いた「とにかく速度を落とす」だけを頼りに試行錯誤を繰り返しました。
 
 まず何より相手はプロペラ、しかも遊覧飛行中ですからとにかく遅い。 対してこちらはデフォルメが施されているではないかと疑いたくなる程速度感が無く、ジェット旅客機の二倍、プロペラ機の三倍くらいの速度が表示されています。
 だからターゲットのキャラバンを見つけて(視界の関係で)下から近づき、並走したときにはあっという間に追い抜いてしまい、そこでインターセプトと認められなければ、また追跡の繰り返しとなり、正直うんざりです。

Rocket11
 ブリーフィングにはカタパルト射出等のショートカットが記されていますが、実際にはホールドバーやデフレクターも立ち上がらず、単にフルフラップ+フルパワーで離陸するだけです。 そもそもFA18って発艦はフルオートの筈。(それはそれでつまらないけど)

Rocket12
 まずターゲットのセスナ・キャラバンは、こちらが空母から海岸線に近づくと、なんと暢気にこちらの目の前を北から南(右から左)に横切って行きます。 このとき、隊長機に近づきすぎているとこのタイミングを過ぎてしまいますのでスロットは25%程度で十分です。
 
 インターセプトせよ、という命令を聞いたら本格的に追跡しますが、それまでに当初の指示高度の1万ftから自然降下しておいた方が楽です。 なお、打ち上げ施設から5NM以内を半時計回りに回れ、という命令は「コークスクリュー」の時とは違って全くミッション成否基準に入っていません。 テキトーテキトー。
 
 さて、実際にキャラバンを見つけ、速度を合わせた上で指示通り左から前に出るのが難しい。
 FA18はもともと速く飛ぶ為の機体ですから、減速が苦手。 結構遠いな、と思って速度を上げると、いざ接近したらフルフラップ+フルスポイラー+ギアダウンでも減速が間に合いません。
 かといってあまりちんたら接近していたら、相手はコースを変えますので再捕捉に苦労します。 まぁ、遊覧飛行という設定だから仕方ないんだけど。
 
 なお、鼻先に出たのに速度超過でインターセプト失敗したときは、後方を示しているミッションコンパスの矢印の方角ではなく、反対方向に急旋回した方が再捕捉が楽です。 同じ方向に回っていると、こちらの速度が速い為にいつままで経ってもキャラバンの後ろに回れません。
 
Rocket13
 この辺りで186。

Rocket14
 鼻先をかすめてもここまで一瞬でこちらは跳ね上がり、この時点で150ほど。それでもこれはインターセプト成功時の一例。やはり要は速度かと。

Rocket14_2
 「滑走路は真下だ」と言われても、こちらは位置関係が全くわからないためGPSウインドウを出して確認します。余裕が無ければポーズをかけてもよろしいかと。

Rocket15
 タッチ&ゴーする滑走路はどちらからでもかまいません。 ただし、ここでも思ったより速度が出ていて着陸と同時にクラッシュすることがあります。 ここまで来てミッション失敗は泣くに泣けませんから、インターセプトが成功した時点で保存(=キー)必須です。

Rocket16
 後は勝手にキャラバンは着陸します。 「見届けろ」と言われますが、Uターンして適当に滑走路をフライバイしていれば、OK。 何せ相手の足が遅いので。

 あとは基地周辺を大きく旋回しているうちに打ち上げ終了、「ご苦労さん」となります。
 が、ここで結構面白いことが...
 
(つづく)

« あと少しの「ロケット打ち上げ警備」 | トップページ | ロケット打ち上げ警備(2) »

ミッション攻略」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あと少しの「ロケット打ち上げ警備」 | トップページ | ロケット打ち上げ警備(2) »

AdSense

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ