« PhotoShop使いまくりまっせ〜 | トップページ | ボーイング従業員への贈り物 »

2012年12月 8日 (土)

これ欲しい...

 タイトルはおじゃる丸の星野の口調で呟いて頂ければ幸いです。
 
 SSDを用いたキャッシュシステム
 
 ここをお読みになっている人の殆どはPCユーザーと推察します。 だってFSXがWindows版オンリーですから。 が、私はこのblogのサブタイトル通りアップルのiMacでWindows7を動かしている変態派。
 
 そこで最近憂うのが読み込みの遅さ。 既に開発が止まっているFSX、結構細かいトラブルがあり、その度に再起動するものの、これが遅い。
 Windowsのエキスペリエンスでもそれを裏付けるようにハードディスクのみが5ポイント台。 既にSSDをPowerBookやmac miniで使っている身としては最初からFSX用iMacもSSDにしておけば良かったんだけど、これが様々な理由で選択不可。(この辺りの詳細はここでは割愛)
 
 が、ネイティブのWindows環境でも似たような悩みを持っている方がいらっしゃいまして、そこで知ったのが、このキャッシュのみをSSDに移して、OS再インストールが一切不必要なまま、常用ソフトの読み込み時間を短縮するOCZ Synapseというシステム。
 この考えはここ最近実用化されてきた技術の様で、アップルが最近のデスクトップ機で採用して来たFusion Driveも同様のベクトルにあると思います。
 
 う〜ん、とにかくうちのFSX用iMac+Bootcampでもこれが最適ではないか、と開眼。
 
 有り難いことにiMac(middle 2011)にはthunderboltというメインバスからそのままコネクタを引きずり出したかのような、超高速ポートが装備されています。
 その速さと言えばアップルのサイトによると、理論値でUSB2.0の約20倍、我らがMacユーザー誇りの(?)Firewire800の12倍、Expressカードの四倍、最近話題のUSB3.0ですら対二倍の速度を誇ります。
 これにSSDキャッシュを接続したら、FSXしか使わない我がWindows環境では新しい超薄いiMacを買うよりもずっと安くて快適な環境になるのでは??と少々興奮しております。
 
 もちろん、Windows7とthunderboltの相性の悪さ、例えば接続したままではWindows7がスリープできないとかいろいろ不便があるのも同時にわかって来ておりますが、いや、やっぱ止まりません、この好奇心。

« PhotoShop使いまくりまっせ〜 | トップページ | ボーイング従業員への贈り物 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PhotoShop使いまくりまっせ〜 | トップページ | ボーイング従業員への贈り物 »

AdSense

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ