« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月31日 (日)

フルスクリーンモードの解像度

 疑似ながらも8コア対応を済ませた後、ふと気になっていじってみたのが設定>表示の「フルスクリーンモードの解像度」。
 ここでは余程初期のものを除いて、全て1280×1024で遊んでいました。
 グラフィックボードも新しいものになったし、これを変えてみたらどうなるだろうと、数時間検証してみました。
 
 まず一段階上の1600×1200、そして、これは無理だろう、と思いつつの1920×1440。
 これらをRJTTにB787自動着陸成功時のリプレイとして、数値取りをしてみました。 条件は最もレンダリングが苦しいだろうと思われる、空港メイン施設を右に見ながらの主翼からの風景。
 
 キャプチャーしたpng画像の容量はそれぞれ、5.2MB(3.75MB)、7.7MB(5.49MB)、11.1MB(7.91MB)。※()内はPhotoShop上での大きさ
 それらを全て幅940×705(ただしこれは高解像度Retina仕様なので、実際のblog上での表示は470×352)にリサイズした結果が、下記の通り。

Rjtt701
Rjtt702
Rjtt703

 どうでしょう? 正直、web画面では微妙ですねぇ。 これらのfps劣化は大凡1程度。 ただし、全てがwebで完結するならともかく、ベストショットをプリントしたり、私のようにカレンダーにしたい、と思うのであれば、高解像度は何にも増してありがたいものですから、全てがテクノブレインの羽田空港的に重い訳ではなく、それなら今後デフォルトフルスクリーン解像度を1600×1200、あるいは1920×1440にしてみようかと画策しています。
 
 あ、大事なディスプレー上での見た目は、当然ながら解像度が増すにつれ奇麗になります。 機体の輪郭線のジャギーが減り、地表シーナリーに奥行きが出ます。 これだけでも和み度が増します。

2013年3月30日 (土)

FSX.CFGを忘れてた

 昨夜、ふとFSX.CFGをcore i7のハイパースレッド仕様にしていないのを思い出しました。
 以前、テクノブレインの羽田絡みでのやり取りで、あまり効果が無かったというコメントも頂きましたが、タスクマネージャのグラフ表示では八つの内、明らか四つが遊び気味なのが気になります。
 
 ということで、早速FSX.CFGのAffinityMaskを255に。 これで8コア対応となります。
 ご存知のようにcore i7(クアッド)の8コアはあくまで擬似的なもので、これで表示が倍になる訳ではありません。  が、とにかく結果は下記の通り。
Rjtt700

 殆ど常に全開の左の一つのコアを除き、全て同じ働きをするようになりました。 タスクマネージャ下端のCPU稼働率も時々100や80%を示すことがあります。
 昨日検証したエアロシムB787での羽田32Lへの進入も場合によっては10fps前後の改善が見られました。
Rjtt700_2
 
 この余裕のおかげで自動着陸の確率も向上しましたが、それでもまだ成功確率100%とは行きません。
Rjtt704

2013年3月28日 (木)

プログラマーさん、お願いします

Rjtt601
 市販の機体やシーナリーを全て再インストール+アップデート。 そしてTOKYO FSXの二重表示も解決してまたまた仕切り直しです。 この夜景が30fpsで眺められるのは最高です。
 
 当然と言われればそれまでながら、fpsは機体にも左右されるということに改めて気付きました。
 今回のハード入れ替えで、私の環境では最も過酷な羽田23Lへの着陸が改善された、というのはレポート済みです。 これはデフォルトのB737-800を用いました。
 ところが同条件でエアロシムのB787を使うと、平均で2〜4fpsの低下が見られます。
Rjtt602
 
 たった2〜4fpsですが、これが10fpsを割り込むかどうかの境界線になり、このライン以下になるとグライドスロープに沿って降下できないケースが多発します。 以前のi5のiMacではB737で勝手にG/Sを外れてしまうトラブルに見舞われています。
 
Rjtt603
 エアロシムのB787はもともとエンジン回転数の上昇が遅く(アップデートされる前はもっと酷くて空港をタキシングするのも一苦労だった)、このレスポンスの鈍さ故に、折角G/Sをキャプチャーしても以後の維持ができません。 当然ながら関空(これが皮肉なことにエアロシム製)では楽勝のAUTO LANDINGなんて夢の夢。
 仕方ないのでG/SのマーカーとPAPIを見ながら半手動で着陸です。 3.4G i7クアッド+2G VRAMのグラフィックボードでも仕様通り動かないって...、と分かっちゃいるけど虚しい。
 
 B787を作ってるのはエアロシムだけじゃないのは知ってますが、sugiyasuさんのリペイントを使いたい場合は仕方ない。 エアロシムさんにせよテクノブレインさんにせよ、何とか改善の程をよろしくお願いします。

 でも、i7 iMacへの移行はこれで殆ど終わったような気がする。

2013年3月27日 (水)

デフォB737-800のパイロットは

 なかなか以前の環境をそのまま移設するって難しいもんなんですね。 対応した筈のシーナリーの二重問題が再発していたり、毎日頭が痛いです。
 逆に言うと、二重化しているのに30fpsを確保している訳で、新マシンの実力には改めて自己満足したりもしています。
 
 そこで閑話休題というか、駿河湾を西に向かうデフォルトB737-800のコクピット。 何気無しに超ズームインしてみたら、パイロットはママンでした。 で、コ・パイがJ.レノン風。
 ほ〜。
 
 これってデータを編集したら自分の顔とかにできる?
Pilot_b737

2013年3月26日 (火)

新iMacで降りる羽田

 いや〜、やっと「ほぼ」以前の状態にセッティングを戻すことができました。
 前のiMac(i5クアッド)でWindows7を32から64bit化したときもFSXを再インストールしたんですが、あのときはここまで設定が消えてしまうことは無かったので、やはりハードそのものが違う場合は難しいということですね。
 
 細かいところで不満や疑問もありつつ、とりあえずSaitekのガジェット類も動くようになったので、ささっとテクノブレインの羽田に降りてみました。
 
 風の塔の辺りでは余裕でターゲットレートである30fpsを維持。
 遠くに東京の高層ビル群がバラバラっと表示され、さらに空港施設のディテールが露になるにつれて最低で12、平均で15fpsくらいに改善されました。 既にカクカク感はほとんど感じません。
 圧倒的なのは着陸後、都内方面を画角に入れたタキシングで、ターゲットの30fpsを確保。
 逆に空港管制塔を含み、遠くに工場を望むシチュエーションでも15fps前後と、非常に気持ちが良くなりました。(とは言っても、テクノブレインのアップデート後と比べると10〜30%程度の改善に過ぎないんですけどね)
 そうそう、小さいことですが、グラフィックボードの性能向上の御陰で、画面キャプチャー(Vキー)時に画面が全く影響を受けなくなりました。 以前は一瞬カクッと止まったのです。
 
 CPUとグラボをクラスアップ、ストレージをSSDにしても全行程ターゲットフレームレートというわけではありませんから、果てしない世界を覗き込んでしまったということでしょうか... FSの諸先輩方は十年以上前からこの悩ましい世界でもがいておられたんですね。 脱帽です。
 
 都内を望みながらの離陸、そしてSSDによる改善点等はまた改めて...
 
※各写真左上のfps表示が見えにくいときは右クリックでイメージのみを表示させてみて下さい。Retina対応をしておりますので、倍の大きさで表示されます。

Rjtt501
Rjtt502
Rjtt503
Rjtt504
Rjtt505
Rjtt507

2013年3月25日 (月)

ほとんど移行完了

 ふぅ、やっと過去のセッティングを生かした状態まで復活させました。
 
 "AppData"からこれまでの成績やセッティングを持ってくることは分かってたんですが、新しいマシンの"AppData"が表示されず、ここで苦労しました。
 何を勘違いしたかコマンドプロンプトまで立ち上げて首を捻り、危うく迷宮入りしそうになりつつも、コントロールパネルのフォルダーオプションから例の「隠し...表示する」に辿り着き、やっと解決、というわけです。
 
 Saitekのドライバー類も必要なものを全てダウンロード&インストールを終了、ただし、一部はSaitekのハードを接続しないと最終的にはセットが終わりません。 が、現状は机上に二台のiMacが鎮座していて、まだ少し時間を食いそうです。

しかし一時的とはいえ、二台のiMacが並ぶ姿はまるでEF65PF重連の如く(このblogでこの比喩は分かりにくいでしょうけど)...

Double_imacs

2013年3月23日 (土)

億劫...

 すいません、新マシンへのFSXが進んでいません。
 Saitekのドライバーインストールから、これまでの環境をそのまま移築する作業諸々を考えたら億劫になるんですよね... ああ、ミッションで獲得したメダル類はどうやったら継続できるんだったっけ?
 うぅ、これがMacだったらすでにバリバリ稼働しているんだけど。 なんて愚痴を垂れても言い訳にしか過ぎませんよね。
 
 これからも益々精進します...

2013年3月20日 (水)

FSX用新iMacのチカラ

 昨日はFSXのインストールまでは進んだものの、Saitekのドライバーを含む以前の環境移築がまだ終わっていません。
 
 しかしその前に各種スピードテストを終えましたのでご報告。 尚、以前のiMacの記録はこちら

Cinebenchtest
 お馴染みのCINEBENCH R11.5は、OpenGLが55.44fps、CPUは5.71pts。
 当然結構な記録ながら、なぜかi5時代の71.50fpsに大きく離されています。 これは不思議ですねぇ。 画面キャプチャーを眺めて今気付いたんですが、Windowsのサービスパック適用不適用でOpenGLの性能に影響しているんでしょうかね。
 とはいえ、CPUの性能が1.6倍に向上しているのに納得して次はモンハンのベンチマーク

 絆が 1280×720=25,657 2560×1440=8,214、大討伐が 1280×720=22,761 2560×1440=7,613 (全て27インチフルスクリーン再生)
 こちらはざっと倍。(それでも2560×1440ではまだ揺らぎが残ります)
 
 VRAM容量は2GBと変わらないものの、以前のグラフィックボードはRadeon、今回はFeForce。 この違いが大きいかと想像できます。
 
 一方のディスク性能。 ただし測定はOSX下で"Blackmagic Disk Speed Test"というアプリケーションを使用(単位は全てMB/s)。
 1T 7,200rpmだった前モデルが write:104 read:113であったのに対し、今回の768GB SSDではwrite:422 read:442という圧倒的な差。 まぁ、メカニズムが全く違うとはいえ、ざっと四倍の性能差は凄い。
 でも、取りあえずデフォルトインストールしたFSXの立ち上がりは目から鱗が落ちる程は約は感じませんでした。 一方でWindows7の立ち上がりは休止状態からの目覚めと区別がつかない程(ちょっと過大表現)激速に。
 
 いやぁ、とにかく早くFSX飛ばしたい... 打倒(いや、別に打ち倒さなくても良いんだけど)テクノブレイン羽田空港!

2013年3月18日 (月)

FSX用ニューiMac、今日はここまで

Imac2
 FSX用ニューiMac(late 2012)、とりあえず立ち上げてBOOTCAMPからWindows7のインストールまでは終わりました。
 
 上の画像に出ていないストレージは768GBのSSD。 いやぁ、高くつきました。
 256とは言わないまでもせめて512GBの設定が欲しいところ。(今のところBTOのSSDは768GBのみ) 尚、近頃話題のFusionDrive(ハイブリットドライブ)をiMacで選択すると、BOOTCAMPの制約でWindowsをインストールすることができませんのでご注意を。
 
 さて、以前のiMacで気になっていたディスク性能は下記の通り。
 オールインワンタイプのマシンとしては良い線じゃないでしょうか。 Windows7インストール後の136個にも及ぶアップデートが、ダウンロード込みで45分で終わったのも比較的速い方じゃないかと。
 
 続きはまた後日...
Performance2

2013年3月13日 (水)

RJTTのアップデートは有効でした

 新マシン、既に到着しているのに、セットアップになかなかかかれません。
 それはともかく、先日発見したテクノブレインの東京国際空港のアップデート、同じハードウエアでアップデートを試した方がよりはっきりと効果がわかる筈。 ということで、とりあえず現状のままでアップデートしてみました。
 
 残念な結果から言うと、私が勝手に期待していた夜間の駐機場でのレンダリング改善は為されていませんでした。 ほんと、残念。 照明の変更もちょっと分かりかねました。
Rjtt401
 
 さて、期待のフレームレート。
 こちらははっきりと改善が見て取れました。
 
 shigeさんのシーナリー改善とノウハウ指南の御陰で、離陸後の風景、空港内タキシングのfpsは倍近く改善されました。 しかしRWY23への着陸は、木更津上空から徐々に落ち始め、空港施設が露になるにつれて6〜8fpsになることは防ぎきれませんでした。
 
 が、アップデートすることにより、昼夜平均で11〜13fpsに改善されます。 以前はちょっと我慢できない程カクカクしたのが、あまり気になりません。 引き換えに着陸直前のディテール表現がラフになったような気もしますが、ここは着陸に集中しているので検証できないというか、言い換えればどうでも良いということになります。
Rjtt403
Rjtt402

 まぁ、これならそこそこのハードならある程度文句なく楽しめるんじゃないでしょうか。 ここをはじめとしたインプレッションを読んで導入を躊躇されていた方へも朗報かもしれません。(私のハード環境はこちら

 あとは駐機場での夜間照明だなぁ...

2013年3月10日 (日)

おや?TBの東京国際空港にアップデータが

 先ほど3/6付けの発表を見つけました。
 
>>一部のマシンにてフレームレートが著しく低下する現象を修正いたしました。

 「一部」って?
 
>>駐機場照明の点灯方式の変更

 おおっ? 期待できそうじゃないですか。 もしかして私が残念がった夜の駐機風景が改善されてる??
 
 でも間もなくマシン入れ替えに付、それまでお預けです。 うるうるうる...

2013年3月 9日 (土)

FSX用マシン、更新します

 最近書き込みが少なくてすいません。
 忙しかった二月が終わり、それまで放置していた用事を片付けていたら、また忙しくなった、という感じです。
 
 で、題名通り、FSX用マシンを間もなく更新します。ブツは来週早々にも到着する筈ですが、インストールやら何やらで、実際にFSXを飛ばせるようになるにはさらに暫くかかるであろうことは皆さんご存知の通りかと。
 キーワードはクアッドcore i7、GeForce GTX 680、SSDです。 各種ベンチマークをお楽しみに...
  
 他に仕事とプライベートで最も稼働率が高いノートマシンも新調しましたので、ここ暫くは退屈しない筈。
 なんて書くと豪勢な話に聞こえるかもしれませんが、実は一年の間で比較的自由にお金を使えるのはこの時期しか無いというだけです。

2013年3月 4日 (月)

三月はCIRRUS SR22 G2

 北海道では人命をも脅かす豪雪が猛威を振るっていますが、カレンダーは三月。
 ネタはCIRRUS SR22 G2という小型機です。
Cirrus1
 
 発端は私のリアルの知り合いが共同所有し、実際に八尾に駐機している機体です。 CIRRUS機であればネットでフリーの素材も見つけられます。 ただ、SR22 G2という本来の機体はフリーでは存在せず、Eaglesoftから購入。
 ディテールやマニュアル等、有償ならではの充実ぶりだったのが、飛ばせてみたらこの変態ぶり。 サポート担当も典型的なアホで、「電ぇん源プーラーグーはコンセントォに差しぃこまれていますかぁぁぁ?」レベル。 そのあまりのアメリカ人的低能な対応故に、未だにこの変態トラブルは解決しておりません。
 
 が、見た目はばっちり魅力的。 ということで八尾空港の駐機場を、滑走路側上空から覗いてみた、という設定です。 キャプテン側ドアはもちろん、カーゴドア、そしてエンジンチェックリッドも開けば、まるで小旅行離陸直前チェック状態です。
 
 一見画像は何もいじっていないように見えますが、地面のテクスチャがぼけぼけで、機体との距離感が狂っていました。 そこで機体と荷物を様々なツール(私は仕事でIllustrator、PhotoShopを使い慣れていますのでペンツールを多用します。 が、確かにこれは使いにくいと言えば使いにくいので、PhotoShopのクイックマスクを使ってコツコツと選択範囲を選んで行かれても良いと思います)で選択。
 その選択範囲を「選択範囲>選択範囲の反転」で一気に反転させて、「ノイズ>ノイズを加える(分布方法はガウス分布)」を実行。 さらに「フィルター>シャープ」を実行。
 こうすることで地面のザラザラ感が再現され、機体との距離感が圧縮されます。
Cirrus2
 
 あと、癖というか、FSXは機体自体の影の境目にジャギー(ギザギザ感)が出やすいので、ぼかしツールで丁寧にそれをぼやかせて行きます。
 
 なお、垣間見えるコクピットは実物を忠実に再現しており、こういところは萌えますねぇ>fsx
Cirrus3

2013年3月 2日 (土)

SaitekヨークシステムにユニバーサルACアダプタ

Ac4saiteck
 以前にも掲載したこの写真、現在の私のFSXのハード環境で、全てSaitekのパーツを使用しています。
 これらのパーツは全てUSB接続。 当然ながらPC側のUSBポート数が問題になります。
 
 現状では市販のセルフパワー供給の4ポートUSBハブを使って四つのデバイスをまとめてもなお、iMac背面の四つのUSBポートは満杯状態で、これでは気軽にデータバックアップも取れません。
 
 実はSaitekのヨークシステムにはUSBハブの機能があり、三つの空きポートがあります。 が、例え純正キーボードでさえここに差し込むと、即電力不足の警告が出ます。 まぁ、それはそのままでかれこれ一年過ごしていたのですが、たまたま近所のJoshinに寄ったら、以前品切れだったマルチACアダプターが目につきました。
 3Vから12Vまで出力が切り替え可能で、プラグも7種類付属、これなら何とかなるだろう、と購入。(写真を撮り忘れたので、Joshinのサイトをご参照下さい)
 
 実際に装着してみると、プラグも一つが適合。 極性も確認。 電圧は... あれ?ヨークシステムは5Vを要求しています。 ところがアダプタは5Vは無くて、一つ下が4.5V、上が6Vと微妙な設定。
 取りあえず低い方からの方が安心だろうと4.5Vに設定して接続したら、全く問題なく作動。 ここにキーボードを挿入し、本体ポートを一つ空けることができました。
 電圧についてはUSBについてのwikiページで、5V±10%という規格を目にしましたので、4.5Vというのは下限ギリギリでセーフだったようです。
 
 たかだかSaitekのパーツ6個でこのドタバタですから、B737のリアルコクピットを構築されている方々の苦労が偲ばれます。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

AdSense

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ