« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

パリ航空ショウデモ飛行

Paris01

 終わりました。 いえ、ミッション的にはそう難しいものではなかったのに、エアバスを使ったことで苦労しました。 これ、B737ならワンチャレンジで終わっていたと思います。
 
 ミッション関空→女満別フリーフライトでの体験と、このミッションでの結論は、FSXはエアバスの思想と合っていないのではないか、というものでした。 最初はたまたま Saitekコントローラーと相性が悪いのかな、程度でしたが、なんというか、操縦に対する思想の違いと言う奥深いものを感じてしまうミッションでした。
 それについてはまた項を改めて書かせて頂くとして、取りあえず航空ショウです。

 フルマニュアルで操縦して暴走状態になるのなら、エアバスの操縦思想であるオートパイロット(以下AP)使いまくりで攻めようと考え直しました。 何より離陸前のコクピット、各種数値があらかじめAPパネルに入力済みです。 唯一HDGのみ回頭先である210から、滑走路進路である034にSaitekマルチパネルのダイアルをグリグリグリィ。
 
 離陸してギアを上げたらAP ON。 210へ回頭という指示を聞いたら再びHDGをグリグリ。
 あとはエッフェル塔まで何もする事はありません
 
 フライバイは、できるだけRWY03に正対し、平行して通り過ぎることが条件となります。 それをミスすると「ダメだこりゃ。来年クビが繋がってりゃ再挑戦しような」コールでミッション失敗。
 ところがこの条件、マニュアルなら比較的楽クリアなのに、APでは骨が折れます。 本物ならオートパイロットからHDGだけを除外できるのに、FSXのA321は、コクピットのスイッチをクリックしてoffにしても、実際には無効になっています。
 仕方ないのでHDG値をグリグリして何とか滑走路に正対させます。 
Paris02
 
 もともとなんでこれだけAPにこだわらざるを得なくなったかというと、なぜかこのA321機体のみに起こるFSX暴走。 最初マニュアル飛行でこれに遭遇したのでAPなら良いのか?とトライしたのが発端です。 ところがこの暴走、APでも起こりました。
 
 低速フライバイを終え、さぁ着陸という段になり、パリ中心部で030に旋回というところでSaitekマルチパネルのダイアルを回している最中にパネル表示がフリーズ。 ロータリースイッチのモードを何に変更しようが解決しません。 ギア操作は3Dコクピットを用いても無反応(しかしてGキーは生きている)。 
 こんなことでめげるもんか、とマウスでコクピットのAPパネルをカチカチカチィっとクリック連打して抵抗。 がル・ブルージュ空港が見えた辺りでFSXが強制終了。 げげっ、と驚く間もなく、続いてWindows自体も落ちて勝手に再起動。 いや、ここまで酷いエラーは初体験です。
 
 その後の試行錯誤の結果、このミッション、失敗したら「やり直し」ではなく、FSX本体の再起動が必須です。 そうしないとマニュアル/オート問わず、ミッション終盤で必ずコントロール不能になることが少なくとも私の環境では検証できました。
 
 でも、そこまでわかれば後は簡単。 Saitekマルチパネルのダイアルを駆使して最終アプローチまで持ち込めば、あとはAP解除で手動で降りて行きます。 ところがこのRWY03、PAPIが無い!!!! でもここで音をあげてなるものか、となんとか着陸。
 
 ミッション成功までには機体展示場までタキシングする必要がありますが、終わってみればそこはパラダイス。 ずるずるとA321を走らせて展示機を舐め回し。
 
(続く)
Paris03

2013年4月24日 (水)

パリ航空ショウデモ飛行...なんですが

 今シーズンから非常勤講師の授業日が週一日増えたのでなかなかFSXにうつつを抜かすことが難しくなりました。
 
 それでも暇を見つけて次のミッションにトライしたのが「パリ航空ショウデモ飛行」。
 こいつがエアバスA321なんですよね。 これとは「ローマ - ナポリ定期便」で詳しく述べた通り、どうも相性が良くありません。
 
 ま、こんな特殊なフライトにオートパイロット使おうとする方が悪いわな、と全てマニュアルで操作しようとすると、中高度、低高度のパスまでは比較的難なくこなせたのに、いざ着陸となるとスラストは勝手に全開になるわ、操縦桿は言うことを聞かなくなってパリ上空で墜落しそうになるわ、どうやらとことんSaitekとの相性の悪さが顔を出してしまいました。

 もしかするとエアバスの操縦系に合わせて設定値を変えなくてはならないのか、あるいはマシンを新しいiMacに変えて、折角なのでUSB3.0ポートを一つくらいは常に明けておこうとSaitekのポート類の差し込みを変えたのもトラブルの原因かもしれません。 う〜む、面倒なことです。

 こちとら早いことミッションを終了してパリ上空遊覧飛行を楽しみたいのに。
Paris00_2

2013年4月13日 (土)

JTMSが外れていた

 私のFSXインストール歴は、何も分からずに取りあえず組み上げたCi5 iMac Win7-32bit時代、それがかなり落ち着いた頃に64bit化、そして今回のCi7 iMac Win7-64bitと三世代に渡っています。
 
 何より、最初は素の状態からそれこそ貪るようにネットや本を読んで片っ端からカスタマイズをしたために、それを整理したメモが残っていません。 
  
 てなことで、落ち着いて考えてみると「あ、あれ入れ忘れてる」「セットし忘れてる」というのを思い出す訳です。 それが先日のFSX.CFGの8コア対応書き忘れだったりするのですが、今回はJTMS(Japan Terrain Mesh Scenery)を思い出しました。 ディスク上には残っているので、シーナリー登録が外れたままのようで、再度STを登録。
 
 チェックのために八尾空港から三ノ宮上空経由、淡路島を飛んでみました。
 あれ? 懐かしいんだけど、暫くこの詳細な山々の表現を見てないことに気付きました。 そうです、最初の段階から64bit化再インストール時に既に設定が外れていたままになっていたのです。
 
 そういえばいつのまにか山々の表現がのっぺりしてるなぁ、と感じてはいたのですが、ミッション克服がメインで、日本上空を飛ぶときはB787のT/Dからの自動降下や自動着陸、そしてTB東京羽田を中心としたフレームレート改善等、細々したことばかりやっていたので原因に思い当たらなかったようです。 我ながらええかげんな話...
Jtms02
 
 さて、今回も引き続きフルスクリーンモードは1920×1440ですが、動きには全く問題なく、以前から見慣れた大阪市内の風景(OSAKA-X)はより深みを増したレンダリングになりました(webではあまり伝わらないかもしれませんが)。 Windows環境の方は右クリックでコピー、ご面倒でもそれをペイントにでも貼付けてご覧下さい。
Jtms01
 
 そしておまけは最近はまっているクローズアップパイロットシリーズ。
 なんと、このセスナのおじさん、時々目の瞬きをしてるんですよ。 最初気付いた時にはびっくりしました。 タイミング的に難しくてキャプチャーは成功しませんでしたが。 一度ご覧あれ。
Jtms03

2013年4月 7日 (日)

カリブ海での着陸

 ここまで様々なミッションに挑戦してきて気付いたのが、それぞれの難易度に大きな差があることです。 恐らく、最初のFSXとその後の栄光の翼との差ではないかと想像しますが、インストール時に確認した訳じゃないので確信はありません。
 てなことを改めて書きたいくらい、この「カリブ海での着陸」は、以前の「雪山に消えた同僚」「ロケット打ち上げ警備」に比べたら同じ"NORMAL"カテゴリーとは思えない簡単さでした。
Caribbean01_3

 途中までの高度、速度、進路は自動操縦でこなしつつ、着陸許可が降りた時点で全て手動に切り替え、それでも難なく着陸できます。
 と、改めて言うまでもなく、このジュリアナ国際空港はリゾート海岸ぎりぎりに飛行機が着陸することで有名なポイントですよね。 「ジェット排気は危険です」という看板も再現されています。
 Googleの画像検索ではB747も平気で降りていますから、ILSは当然整備されていると思いますし、調べれば周波数も分かるとはいえ、別にそこまでしなくても気楽に降りられるミッションでした。
Caribbean02
 
 しかし、こちらが着陸後に離陸する別のCRJも共にノーペイントの愛想の無さ。 さらに言うなら、例のごとく空港内をうろうろし、例の滑走路のグラベルまで踏み込んでも、あるのは美しい風景と楽しげなテント、そして無数の水鳥。
 だけ。 人の影は全く無し。 おかしーやろー。 不気味やんけー。 せめてサンファン行きで乗せた不倫カップルぐらい配置しとけやー。 あの姉ちゃんの水着姿見たかったぞー。
Caribbean03
Caribbean04

 さて、カリブ海に浮かぶリゾート地、とは良く聞きますが、実際にそんなところに縁もゆかりも無い私としてはあらためてGoogleMapで確認。 おお、こんなところでしたか。 こんなアメリカとキューバの喉元にオランダとフランスの領有地があるなんて知りませんでした。 例のキューバ危機の時にオランダとフランスは何か動いたんでしょうかね? 聞いたこと無いですね。
 
 ま、それはともかく、そんなカリブ海に魅せられて、なかなか大手航空会社にキャリアアップできないという(ミッションブリーフィングより)パイロットはこんな濃いヒゲ。 う〜ん、ちょっとゲイっぽいなぁ。 カリブ海を離れられないのはそれが原因?
Caribbean05

2013年4月 4日 (木)

航空母艦発着

Carrier11
 いつまでも新しいマシンの話でもなかろうと、ミッション攻略を再開しました。
 えっと、どこまで行ったかというと航空母艦発着にまぐれで一回だけ着艦できたおというところが最後でした。
 
 やはり何が難しいかというと、相手が逃げるということでしょうね。
 これまでのやり方で降りて行くと、最後の最後に甲板が逃げてしまうという印象です。 だから勢いアプローチの速度を上げ気味にしてしまうのですが、指示では160NMと、もっと下げなくてはいけません。
 う〜ん、これは何だろう、と考え直した結果、スポイラー使って200NM以下に落としつつ、イメージとしては上からボンっと降ろした方が良いかも知れないと気付きました。 甲板が逃げるので、こんなやり方でも相対的にスムーズに降りられるということです。
 でも捕まえるワイヤーはいつも三番か四番ですから、もっと手前に降ろしたほうが良いのかもしれません。
 と偉そうに言っても、三回に一回は失敗しますけど。
Carrier12

 さて、 このFA18、コクピット右側のレバーを引くと主翼を畳むことができます。 さらにshift+Eでキャノピーを明けると良い感じになります。
Carrier13
Carrier14
  
 いやぁ、にしても萌えますなぁ、この絵。
Carrier15

2013年4月 2日 (火)

四月はYS11

 いや、春ですね。 花粉症の方には「殺意を覚える」と言われながら、MIATAの幌全開、C200のサンルーフ全開で一年で一番素晴らしい季節を堪能しております。
 
 そしてカレンダーは徳島空港のYS11です。 機体はエアロシム。
 ドア満開、ついでにコクピットの窓も開いてパイロットも一服、というところです。 丁度タイミングよくプロペラAI機が出発して行きました。
April1
 
 「春の空はたぶん思ったよりもずっと青く広い」というのはスガシカオの詩ですが、FSXで書き出した徳島の空は少し青すぎて、夏っぽい。
 ということで、PhotoShopで空の部分だけを選択し、アルファチャンネルにグラデーションをかけ、少し春っぽく霞をかけました。 メニューバーはコピースタンプツールで丁寧に消去しました。
 April2

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

AdSense

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ