« 航空母艦発着 | トップページ | JTMSが外れていた »

2013年4月 7日 (日)

カリブ海での着陸

 ここまで様々なミッションに挑戦してきて気付いたのが、それぞれの難易度に大きな差があることです。 恐らく、最初のFSXとその後の栄光の翼との差ではないかと想像しますが、インストール時に確認した訳じゃないので確信はありません。
 てなことを改めて書きたいくらい、この「カリブ海での着陸」は、以前の「雪山に消えた同僚」「ロケット打ち上げ警備」に比べたら同じ"NORMAL"カテゴリーとは思えない簡単さでした。
Caribbean01_3

 途中までの高度、速度、進路は自動操縦でこなしつつ、着陸許可が降りた時点で全て手動に切り替え、それでも難なく着陸できます。
 と、改めて言うまでもなく、このジュリアナ国際空港はリゾート海岸ぎりぎりに飛行機が着陸することで有名なポイントですよね。 「ジェット排気は危険です」という看板も再現されています。
 Googleの画像検索ではB747も平気で降りていますから、ILSは当然整備されていると思いますし、調べれば周波数も分かるとはいえ、別にそこまでしなくても気楽に降りられるミッションでした。
Caribbean02
 
 しかし、こちらが着陸後に離陸する別のCRJも共にノーペイントの愛想の無さ。 さらに言うなら、例のごとく空港内をうろうろし、例の滑走路のグラベルまで踏み込んでも、あるのは美しい風景と楽しげなテント、そして無数の水鳥。
 だけ。 人の影は全く無し。 おかしーやろー。 不気味やんけー。 せめてサンファン行きで乗せた不倫カップルぐらい配置しとけやー。 あの姉ちゃんの水着姿見たかったぞー。
Caribbean03
Caribbean04

 さて、カリブ海に浮かぶリゾート地、とは良く聞きますが、実際にそんなところに縁もゆかりも無い私としてはあらためてGoogleMapで確認。 おお、こんなところでしたか。 こんなアメリカとキューバの喉元にオランダとフランスの領有地があるなんて知りませんでした。 例のキューバ危機の時にオランダとフランスは何か動いたんでしょうかね? 聞いたこと無いですね。
 
 ま、それはともかく、そんなカリブ海に魅せられて、なかなか大手航空会社にキャリアアップできないという(ミッションブリーフィングより)パイロットはこんな濃いヒゲ。 う〜ん、ちょっとゲイっぽいなぁ。 カリブ海を離れられないのはそれが原因?
Caribbean05

« 航空母艦発着 | トップページ | JTMSが外れていた »

ミッション攻略」カテゴリの記事

コメント

ILSはないでしょ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 航空母艦発着 | トップページ | JTMSが外れていた »

AdSense

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ