« 海峡横断計器飛行 | トップページ | スイスでの小飛行2 »

2013年5月25日 (土)

スイスでの小飛行

 ほんと、文字通り小飛行です。 何と言うか、ここまで短いと小気味よい。
 ブリーフィングでは所要時間15分とありますが、5分くらいじゃないでしょうか?
 
Swiss01
 でも突然エンジンが止まるのには驚かされました。 最初は自分の操作ミスかと。
 とは言っても、そこは素直な主翼を持つ軽量セスナ。 滑空は得意項目のようです。
 同僚の滑空のベスト速度は65ktというアドバイスを頼りに機首上げを施すと、目の前に迫った山(同僚は丘と言ってますが)をクリアできます。
 
Swiss03
 そこからどうすりゃいいのかなぁ、と思案に暮れつつ、ふと視線(画面)を切り替えたら、なんと、そこには空港が。 そんな上手い話ないやろ。
 位置も高度も厳しいけど、まだまだ先に待ち受ける山々を無動力で乗り越えられる自信は無いので、ここに無理矢理ねじ込むことにします。
 
 先の海峡横断計器飛行と同じく、高度があって距離が無いので、フルフラップで突っ込んで行きます。 にもかかわらずどんどん加速しますが、ここも比較的長い滑走路で山間の割に意地悪な風も無いので、滑走路上で十分減速すれば思ったよりも素直に着陸できます。
Swiss04

 あまりに短かったので再度挑戦したら、ステファン飛行場の位置はミッションコンパスにちゃんと表示されていました。 それにも気付かない程短いミッションだったと言う。
 でもそれが分かればコクピットモードでも右側に視線を切り替えれば、少なくともコースは比較的素直に降りて行けることも分かりました。
Swiss05
 
 あとで地図を確認したら、う〜ん、やっぱり本来の目的地のインターラーケン飛行場までの滑空は無理そうです。
 あ? いや、一旦北に伸びる国道9号線から11号に沿ってThunersee(トゥーン湖)まで下れば可能か??

 なお、このステファン飛行場、画面では山中の孤立した飛行場に見えますが、リアルは地下鉄鉄道も来ている、小規模ながら立派な街があるようです。 こういう場所、実際には一度も行かないんだろうなぁ… バーチャル様々ってところでしょうか。

« 海峡横断計器飛行 | トップページ | スイスでの小飛行2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

ミッション攻略」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 海峡横断計器飛行 | トップページ | スイスでの小飛行2 »

AdSense

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ