« FSアドオンコレクション大阪国際空港が来た! | トップページ | FS2004の機体をFSXで使う(2) »

2013年7月31日 (水)

FS2004の機体をFSXで使う

 全く別物となった大阪国際空港、こうなればかつていろいろと試した離着陸をやり直してみたくなるというもの。 で、真っ先に思いついたのが隠岐からVORを使っての飛行。
 
 以前はYS-11で飛びましたが、折角空港が新しくなったので、以前からもう少し新しいプロペラ機が欲しいと思っていた欲望がむくむくと。
 例によって私の場合、モデルや操縦系の素晴らしさよりもSugiyasuさんのリペイントが使いたくて、結局エアロシムのモデルから物色することとなります。
 が、今ではFSX用の機体としてはDHCもSAABも発売されておらず、入手できるのは「進入管制フライト for FX 東日本」とかのおまけ機体のみ。 でもはっきりとこれはFS2004仕様で、一部不具合がある、と明記してあります。
 
 そもそもFSXしか知らない私にとってそれ以前のバージョンのアドオンやシーナリーが使えるのかどうかはずっと謎でした。 ネットでいろいろ検索しても「仕様が違うだろ」「だから説明読めよ」とかの罵倒はあっても、それ以上の建設的な発言を見つけることができず、いつか自爆覚悟で実験しなくてはならんかな、と覚悟していた案件でした。
 
 プロペラ機一機の為にダウンロード版で5,000円程。 仕方ない、学習代か、と購入。 インストールし、ミッション本体は無視して早速おまけのDHC8-300にSugiyasuさんのリペイントを実行。 って何にしようかな、と迷うものの、300は北海道と沖縄を除くとトリトンブルーのANA(といってもANAウイングス)のみ。 隠岐にはANAは飛んでないんだけど、ま、いいか。
 ちょっとうきうきドキドキでFSXを起動してみたら、ご覧のような大トラブル。 え〜〜っ??
Dhc83_01

 一晩いろいろ検索して、回転プロペラのbmpデータのアルファチャンネルがカギだとかをflightSimとかで発見。 翌日、PhotoShopでいろいろなバージョンを作って読み込ませても解決せず。
 う〜ん、と唸りながらちょっとミスしてリペイントされていないエアロシムオリジナルのDHC8-300を選択してしまったら、こちらはちゃんと回転するプロペラが表示されています。 さらに観察すると、それまで黒く塗りつぶされていたかのようだったパイロットの顔もちゃんと反映されています。
 
 あ、と気付いたのがSugiyasuさんのページの"To install & FAQ"に書かれていた文章。 FS2004時代は変更しない省かれたデータもコピーして来なくてはいけないのでした。 アルファチャンネルとか以前の初歩的レベルのミス。 ということで足らないものはエアロシムデフォルトのデータをコピー。
Dhc83_02
Dhc83_03
 
 結果はというと、大成功。 ...あれ? でもなんかおかしいぞ。
 背景が空だけのときは良いけど、雲などのオブジェクトがあると、それに回転プロペラが隠れてしまいます。 う〜む、これがエアロシムが曰くところの不具合なのか。
 flightSimでのアルファチャンネル云々というのもこの事象のことについてなのかな。 と思いつつ取りあえず晴天の夏の昼間に飛ぶ分にはほとんど問題なく、とりあえずは満足してMIHOからCUEを目指しつつ、ROKKOで大阪平野に下って、新しくなった伊丹空港に降りたのでした。 てな話は別の話にします。
Dhc83_04

Dhc83_05(※赤枠で囲ったファイルが新たなリペイントデータで、それ以外はデフォルトの"texture"フォルダーからコピーしてきたもの)

« FSアドオンコレクション大阪国際空港が来た! | トップページ | FS2004の機体をFSXで使う(2) »

機体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FSアドオンコレクション大阪国際空港が来た! | トップページ | FS2004の機体をFSXで使う(2) »

AdSense

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ