« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月25日 (金)

チャールズ M.シュルツ空港

 半月程前に芸術新潮という月刊誌を買いました。 普段は難解なテーマが多いこの本ながら、今回は気楽に楽しめるスヌーピー特集。
 内容は作者チャールズ M.シュルツについての記述が多く、その中でも彼が長年住み、墓地もあるカリフォルニアのソノマカウンティについての記事が新鮮です。
 
 さらにそこには彼の名前が冠された空港すらあることを知ってびっくり。 正式名は"Charls M.Schulz - Sonoma County Airport"。 サンフランシスコよりさらに北側の少し小さめの落ちついた街のようです。
 空港ビルの内外にはPeanutsの登場人物達が配置されており、もしかしたらFSXでもなにかあるんじゃないか、とFligtSimを覗くと、追加シーナリー発見("Sonoma County Airport"で検索)。 早速インストールして"KSTS"にジャンプ!
Sonoma01

Sonoma02

 軽飛行機格納庫が多数ある、しかして調べると定期便も日に四〜五本程ある「元軍用でもあったちょっと偉そうなローカル空港」というところでしょうか。 
 残念ながら結構しつこく空港内外を飛んでみても、ピーナッツ関連のいたずらは無し。 せめてスヌーピーの愛機だったソピース・キャメルでも置いてあれば笑えたのに。

Sonoma03
 それはともかく格納庫端に、飛行機のジャンクヤードのようなものを発見。 まあ、あちらこちらに日本のコイン駐車場的に飛行場があるアメリカのこと、当然ながらこういう飛行機の墓場みたいなものもあるんだろう、と思っておりました。
 その後、家に帰って念のためにGoogleMapsで確認したら、ジャンクヤードなんてとんでもない!!!! ここはNPOが運営する"Pacific coast Air Museum"というアメリカ軍航空機を集めた立派な博物館であることが判明。 墓場扱いは失礼だろう。

 このホームページをしばらくさまようと、久々にエリア88を読み直してみたくなります。 シンのタイガーII、ミッキーのトムキャット、グレッグのスカイホーク、世界で唯一翼を畳んでも飛べるクルセイダー(あれ?これはコルセアだったけ?)、もちろん「無頼」のファントムもあります。
 う〜ん、この空港、久々にリアルに行ってみたくなりました。 丸一日遊べるだろうなぁ。

Sonoma04 スヌーピーが例の撃墜王のスタイルで犬小屋の上に座り、キョロキョロしながら「夜間の偵察飛行はうんざりさ」と呟いたり、帰還後にルートビアを旨そうに飲み干して「この一杯の為に飛ぶのさ」とニヤリとする姿、何のことはない、赤い犬小屋の屋根がFSXになっただけで、実は我々も同じレベルだったりして、と思う秋の夜長でございます。

2013年10月23日 (水)

ジェットトラックドラッグレース

 久々の更新です。
 次のミッションがこれだと知ったとき、最近では最も忌々しいミッションだったLOOPY LARRYを思い出し、あぁまたクリアに時間がかかるんだろうなぁ、と少々億劫になってしまいました。(場所も同じウィットマンリージョナル空港だし)
 
 とはいえ、いつまでもこのままというわけにはいかないので、取りあえず忙しい中、一度ミッションを開いて飛んでみました。 案の定ジェットエンジンを三機搭載したトラックには勝てません。 あ〜あ、こいつに勝つまで何度飛ばなくちゃいけないんだろう、とうんざりしつつ、取りあえず指定の×印のついた滑走路に降りてみたら「成功」の表示。
 あれ? 勝負は二の次だ、と劇中言ってた台詞はこのこと? めっちゃぬるいミッションやん。
 
 ということで、一度でミッション成功。 実際にはキャプチャーの為に二度飛びましたが、共にトラックに負けてしまったにもかかわらず成功です。 ほとんど同時にスタートラインを超えてもトラックには勝てませんから、ミッション中の指示にもあるようにダイブ(高いところから降下して速度を稼ぐ)しないと勝てないのでしょう。 

Jetdrug01
 最初飛んだ時、×印がついた閉鎖滑走路を探すのに苦労しましたが、実は飛び立った滑走路の隣です。 スタートラインまでは赤矢印の僚機を追いかけるのがよろしいかと。
 
Jetdrug02 
 トラック上空のフライバイはしっかりとこなさなければミッション成功にはなりません。 よく見れば、ほら閉鎖滑走路と×印が見えるでしょ?
 
Jetdrug03
 比較的ベストなタイミングだったにもかかわらず、もうこれくらい引き離されています。 僚機はほぼ同位置にいますので、もっと詰めろ、ってことでしょうね。

Jetdrug04 
 降り立ってみると、主翼下にエルロンの延長ヘラのようなものがあったり、尾輪に小さいサスペンションのようなものが装備されているのが分かります。 何より私は逞しい黒人女性だっんですね。
 遠くに配置してあるダミー機体群はこれまでのものと変わったものはありませんが、この位置からだとムリーヤの片翼三基のエンジンがよく見えます。
 
Jetdrug05 
 面白いのが冒頭リンクにあるグーグルの地図。 航空写真に切り替えると、実際に×印のついた滑走路がありました。 展示機が並んでいる場所にもなんだか面白そうな物が並んでいるのでクローズアップしたら、いきなり軍用トラックのシャシー&キャビンと思われる駐車場となっていました。 恐らく敷地内に車両工場があるんでしょう。

2013年10月16日 (水)

スタジアム巡り 東京周辺

Stadium11
 関西&名古屋の続き。
 
 せっかく日を改めて横浜を飛んでみたら、結局横浜スタジアムしか見つけられませんでした。 せめて少しでも趣向を変えようと夜間飛行でビル群を背景に一枚。 隣は、いきなりお台場に飛んで、有明コロシアムです。 初代アテンザの発表会がここだったっけ。
 
Stadium12
 夜が明けて(?)、代々木公園。 学生連れて、原宿から第一体育館を横目に代々木公園を横切って宿舎で利用する東京オリンピックセンターまで何度か横切っていますので、個人的にも思い出深い場所です。 お上りさん引率して新宿で山手線から小田急への乗り換えするよりはこっちの方が楽なのです。 なぜかNHKビルが目立ちます。

Stadium13
 なにかと話題の国立競技場。 あらら、神宮球場は平面です。 その向こうは秩父宮ラグビー場のはずなのに、なぜかうやうやしい建物が... なんか増上寺っぽいけど、何でしょか。
 
Stadium14
 ここを飛んでも罰せられないんですよね、多分。 玉ねぎ(擬宝珠ギボシ)を戴く体育館の向こうには宿敵のホームグラウンド。 でも借りもんなんだよね〜、甲子園は球団持ちだぜ〜 三位にストレートで負ける程弱いけど...

Stadium15
 国技館、そして千葉まで飛んでマリンスタジアムでございます。 ここでもまるでハリウッド仕掛けみたいな濃霧でボロボロ負けしたことがある某関西球団。
 
Stadium16
 あまりにベタな東京土産ながら、しかして見事な出来映えなので敢て堂々の一枚レイアウト。 動画だと衝突防止灯がザクのモノアイっぽい。

2013年10月14日 (月)

10月は月と787

 今月は弊社決算月のため、なかなか趣味の時間が持てません。 気がつけば十月も半ば。 スタジアム巡り京浜シリーズも忘れていませんが、先に月刊カレンダーネタをお送りしておきます。
 
Cal1001 
 最初FSXで感心したのは、結構月が頻繁に現れること。 朝夕のまだ明るいときでもふとした角度に月が出ていることがよくあります。
 ならば、そこは日本人。 中秋の名月は?と季節を秋に合わせて福岡から関空に飛んだのがこれです。 本来の九月の名月よりも、言い訳抜きに今月の方がさらに空気が澄んで月が奇麗に見えるような気がします。
 
 ところがさすがに期待のベストショットと月のベストポジションを合わせるのは難しく、不本意ながら、それぞれのベストアングルを合成しました。
 
Cal1002
 夜空は真っ黒だとお思いでしょうが、実は複雑に変化しており、その証拠によく目を凝らすと、夜の刷毛雲が奇麗に流れているのが見えます。
 よって、ただ切り抜きツールで切り抜いてきて張り込みだけでは意外とはっきりと境目が見えてしまいますから、境界を大きくぼかして切り抜いた月+周辺の夜空を移植。
 あとは見た目に印象的な標識灯とストロボ(787はLEDだけど)を逆光ツールで小さく小さく、しかしはっきりと修正。 
 
 機体はエアロシム、ペイントはSugiyasuさんで、垂直尾翼と主翼の着陸等がちょうど良いアクセントになっています。 関空もエアロシムで、前後のゆったりした空域と合わせ、いつも余裕を持ってLAND3で降りられる組み合わせです。(テクノブレインの羽田ではこうはゆかない)
 エアロシムさん、動きが全くないですね。 今のうちに気になるパッケージは全部買っておいた方が良いのだろうか...

2013年10月 6日 (日)

八尾空港のアップデータが...?

 テクノブレインから八尾空港のアップデータに関するメールが来ました。
 私も指摘していたRWY09と27が入れ替わっている件も解決されているようで、おお、これはこれは、と早速ダウンロードして処置。
 
 すると「正しくアップデートされなかった可能性があります」というメッセージが。 起動してみると確かにアップデートされていません。
 もちろんFSXは立ち上げていない状態で更新を施しましたが、さて??
 
 念のためマシンを再起動したり、アドオンそのものをインストールし直したりしましたが、以後は「アップデートされています」という別のダイアログボックスのメッセージが出るだけで、全く打つ手無し。
 まぁ、別にどうしても対策をしなければ困るというものでもないので、とりあえずしばらく放置しておきます。
 
 しかし、今回フィックスされたという大和川河川敷の車達。 よく気付いた人がいたなぁ、と思いましたが、自衛隊が使う滑走路を使用するといやでも見えてしまうんですね。
 これら河原を懸命に走る車達、なぜかチキチキマシン猛レースというアメリカアニメを思い出してしまいました。
Yamatoriver

2013年10月 2日 (水)

スタジアム巡り 関西&名古屋

 いつのまにか発生(?)した静岡スタジアムの流れで、少々脱線して自分のFSX環境下にどれほどの競技場オブジェクトが入っているのか、例によってトライクをそれぞれ最寄りの飛行場から飛ばしてみました。
 
 なお、インストールしているアドオンは、空港施設としてエアロシムの関西空港、神戸空港、そしてテクノブレインの大阪空港&八尾空港。 そしてSHIGEさんのOSAKA, KOBE, NAGOYAのX群達です。 それぞれのオブジェクトがどのアドオンの御蔭がどうかの確認はご勘弁を。
 
 まず大阪の長居スタジアムと万博記念競技場。 それぞれがセレッソ大阪とガンバ大阪のホームです。 市内最大の野球場である京セラドーム大阪はこちらの一番上の枠でご覧下さい。(ガスタンクに囲まれています)
Stadiums0
 
 下の写真は左上から甲子園球場、ノエビアスタジアム神戸、神戸総合運動公園にあるホットもっとフィールドこうべ(オリックス・バファローズの準ホーム)とユニバー記念競技場(INAC神戸レオネッサのホーム)、そして名古屋に移って阪神ファンにとっては鬼門のナゴヤドーム、名古屋グランパスエイトのホームスタジアムである名古屋市瑞穂公園陸上競技場。
Stadiums1
 
 それぞれこの距離で見ると地形との微妙なズレが明らかではありますが、基本的に上空から見ることが前提であることを考えるとよくできています。 こういう大きなものはリアルの機上風景としても印象に残りやすいですから、FSXの遊び方に少なからず楽しさを加えてくれていることを改めて感じます。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

AdSense

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ