« ジェットトラックドラッグレース | トップページ | 伊丹へのANA747里帰りフライト »

2013年10月25日 (金)

チャールズ M.シュルツ空港

 半月程前に芸術新潮という月刊誌を買いました。 普段は難解なテーマが多いこの本ながら、今回は気楽に楽しめるスヌーピー特集。
 内容は作者チャールズ M.シュルツについての記述が多く、その中でも彼が長年住み、墓地もあるカリフォルニアのソノマカウンティについての記事が新鮮です。
 
 さらにそこには彼の名前が冠された空港すらあることを知ってびっくり。 正式名は"Charls M.Schulz - Sonoma County Airport"。 サンフランシスコよりさらに北側の少し小さめの落ちついた街のようです。
 空港ビルの内外にはPeanutsの登場人物達が配置されており、もしかしたらFSXでもなにかあるんじゃないか、とFligtSimを覗くと、追加シーナリー発見("Sonoma County Airport"で検索)。 早速インストールして"KSTS"にジャンプ!
Sonoma01

Sonoma02

 軽飛行機格納庫が多数ある、しかして調べると定期便も日に四〜五本程ある「元軍用でもあったちょっと偉そうなローカル空港」というところでしょうか。 
 残念ながら結構しつこく空港内外を飛んでみても、ピーナッツ関連のいたずらは無し。 せめてスヌーピーの愛機だったソピース・キャメルでも置いてあれば笑えたのに。

Sonoma03
 それはともかく格納庫端に、飛行機のジャンクヤードのようなものを発見。 まあ、あちらこちらに日本のコイン駐車場的に飛行場があるアメリカのこと、当然ながらこういう飛行機の墓場みたいなものもあるんだろう、と思っておりました。
 その後、家に帰って念のためにGoogleMapsで確認したら、ジャンクヤードなんてとんでもない!!!! ここはNPOが運営する"Pacific coast Air Museum"というアメリカ軍航空機を集めた立派な博物館であることが判明。 墓場扱いは失礼だろう。

 このホームページをしばらくさまようと、久々にエリア88を読み直してみたくなります。 シンのタイガーII、ミッキーのトムキャット、グレッグのスカイホーク、世界で唯一翼を畳んでも飛べるクルセイダー(あれ?これはコルセアだったけ?)、もちろん「無頼」のファントムもあります。
 う〜ん、この空港、久々にリアルに行ってみたくなりました。 丸一日遊べるだろうなぁ。

Sonoma04 スヌーピーが例の撃墜王のスタイルで犬小屋の上に座り、キョロキョロしながら「夜間の偵察飛行はうんざりさ」と呟いたり、帰還後にルートビアを旨そうに飲み干して「この一杯の為に飛ぶのさ」とニヤリとする姿、何のことはない、赤い犬小屋の屋根がFSXになっただけで、実は我々も同じレベルだったりして、と思う秋の夜長でございます。

« ジェットトラックドラッグレース | トップページ | 伊丹へのANA747里帰りフライト »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジェットトラックドラッグレース | トップページ | 伊丹へのANA747里帰りフライト »

AdSense

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ