« 謎の静岡スタジアム | トップページ | 八尾空港のアップデータが...? »

2013年10月 2日 (水)

スタジアム巡り 関西&名古屋

 いつのまにか発生(?)した静岡スタジアムの流れで、少々脱線して自分のFSX環境下にどれほどの競技場オブジェクトが入っているのか、例によってトライクをそれぞれ最寄りの飛行場から飛ばしてみました。
 
 なお、インストールしているアドオンは、空港施設としてエアロシムの関西空港、神戸空港、そしてテクノブレインの大阪空港&八尾空港。 そしてSHIGEさんのOSAKA, KOBE, NAGOYAのX群達です。 それぞれのオブジェクトがどのアドオンの御蔭がどうかの確認はご勘弁を。
 
 まず大阪の長居スタジアムと万博記念競技場。 それぞれがセレッソ大阪とガンバ大阪のホームです。 市内最大の野球場である京セラドーム大阪はこちらの一番上の枠でご覧下さい。(ガスタンクに囲まれています)
Stadiums0
 
 下の写真は左上から甲子園球場、ノエビアスタジアム神戸、神戸総合運動公園にあるホットもっとフィールドこうべ(オリックス・バファローズの準ホーム)とユニバー記念競技場(INAC神戸レオネッサのホーム)、そして名古屋に移って阪神ファンにとっては鬼門のナゴヤドーム、名古屋グランパスエイトのホームスタジアムである名古屋市瑞穂公園陸上競技場。
Stadiums1
 
 それぞれこの距離で見ると地形との微妙なズレが明らかではありますが、基本的に上空から見ることが前提であることを考えるとよくできています。 こういう大きなものはリアルの機上風景としても印象に残りやすいですから、FSXの遊び方に少なからず楽しさを加えてくれていることを改めて感じます。

« 謎の静岡スタジアム | トップページ | 八尾空港のアップデータが...? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 謎の静岡スタジアム | トップページ | 八尾空港のアップデータが...? »

AdSense

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ