« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月27日 (水)

日没まで一時間-遭難者はどこへ

 事務所の仕事用マシンのRAIDを再構築する必要があり、その待ち時間で次のミッションに取りかかってみました。 あ〜、また山地の捜索飛行です。 「雪山に消えた同僚」がトラウマになっているので、あまり気乗りがしません。
 
Sunset11
 離陸したら、まずはピトーとプロペラにヒーターを入れることを忘れずに。 APはALTは8,500ftにセットして山脈に備えます。 指示される進路をHDGに入れれば、あとはスロットルのみ手動でコントロール。 とは言っても、高度が上がるにつれてどんどん速度が落ちますので、最後の方はほとんどフルスロットルとなります。
 
 しばらく指示通り東西に捜索飛行を繰り返した後、ポイントは「おい西の方に火が見えた」的な(すいません、正確な台詞を忘れました)ことをオブザーバーが言った時にすぐに西に進路を変更することです。 そのまま指示を待っていたら無言のうちにミッション失敗になってしまいます。
 とはいえ、そのまま西に遭難者がいるのではありません。
 
Sunset13
Sunset14
 暫く飛んで前に山が迫り、右に谷が見えた辺りで右旋回すると、右下にたき火が見えます。 これが遭難者です。
 直後にオブザーバーが「フレアだ!」と打ち上げられた信号弾を見つけてくれますが、私の場合、たまたまたき火の方を見つけるのが先でした。 多分そのまま水平飛行を続けても、遭難位置を無線で知らせてOKだと思いますが、私はフラップを降ろし、スロットルを絞って急降下してみました。
 
 でも、何もできるわけないよなぁ、と水平飛行に移ったら「おい、あの隣の空き地に降りられるか?」と来たもんです。 いやいやいや、相当狭いですよ、あそこは。 同時に「基地に帰る/降りてみる」の二択が現れますので、あっさり「帰投」を選択。 今思えばあの直前でミッションを保存しておけば良かった。
 
 何はともあれ、すっかり暗くなった空を谷沿いに帰ります。 往路のように8,500ftで山越えしても、滑走路に相当の角度で降りなければなりません。 谷沿いなら少しでも高度が下げられます。
 が、ブリーフィングにもあるように、案の定飛び立ったクラッセル空港は日没閉鎖。 いや、キャプチャーは取れませんでしたが、この時点ではまだ滑走路が見えていたので、降りられるのに... 事実カリブ海ではもっと暗いサウスビミニに降りてますし。
 
Sunset15
 仕方ないので、地形も表示させたGPS画面で代替のマッコールへ。 最後に必死で8,000ftまで再度上昇して一山乗り切ります。 GPS画面上の矢印は、本来戻るはずだったクラッセル森林飛行場。
 すると、オブザーバーが「俺は後ろの病人の様子を見る」と言い出しました。 え?? 私達、誰も乗せてませんぜ、旦那。 怖いこと言わないで下さいよ、都市伝説のタクシーじゃないんですから。
 思うに、遭難者に向けてダイブしたために、一定以下の距離を割り、それが着陸して遭難者を救助したという変数処理になったのかと想像します。
 
 GPSではあらかじめ大方の滑走路の角度も出ているので、北側の湖上を迂回しながら無事着陸。 なんかPAPIがおかしい気もしますが...
Sunset16
 
 暗くて寂しい空港にもかかわらず、救急車だけはちゃんと待機していました。 やはり我々が救助したことになっているようです。 ま、ええけど。 感謝状ももらえたし。
 面白いのはこの救急車。 どうみてもハイエースのハイメディックじゃないですか?? アメリカに輸出してるんでしょうか。 普通、ERに出てくるようなGMCの後方観音開きのバンってのが定番じゃなかろうかと。
 
 今回のリアル地図はこちら。 本当に大陸は雄大です。
Sunset16_2

2013年11月23日 (土)

11月は神戸沖を飛ぶCIRRUS SR22 G2

Cirrus11

 おっとっと、二十日も過ぎようとして、やっと恒例のカレンダーネタです。
 
 11月は三月にも登場したCIRRUS SR22 G2を神戸沖に飛ばしてみました。 この機体のオーナーは四国にうどんをよく食べに行かれるそうですから、多分この辺りも実際に飛んでおられるのではないでしょうか。
 
 SHIGEさんのGMAXオブジェクトやエアロシムの神戸空港のおかげで、少なくともシミュレーションで飛んでいる間は、不満無いリアル感を提供してくれます。 特に、ここには写っていませんが、この位置からもう少し西に飛んでから見下ろす神戸空港+ポートアイランド、その向こうの神戸市内の眺めは実物を知るものとしては非常に満足できます。

 画像的には今月は時に凝ったことはしておらず、PhotoShopでカラーバランスとシャープフィルターをかけただけです。 惜しむらくはコンテナ埠頭に一隻もコンテナ船が停泊していないことや、自分の設定ミスで神戸の山々のディテールが非常に甘いこと。 奥が深い。
 
 さて、そろそろ来年のネタも考えないとねぇ...

2013年11月17日 (日)

秘密のシャトル便を再度

 昨年9月に、最初の未確認飛行物体に出会えないままミッション成功を迎えた「秘密のシャトル便」。 先日コメントを戴いたので、久しぶりにリベンジしてみました。
 
 すると、今回は010に転回する時に一発で帽子型(?)UFOに遭遇することができました。
 前回と何が違ったんだろうか、と考えてみると、恐らく速度かと。 前回は速い段階から320ktにAPをセットしていたのに対して、今回は何となく280ktにしていました。
 あと、前回は今程余裕がなく、視界の狭いコックピット視線で頑張っていたからかな... 今回はキャプチャー画像のような俯瞰ポジションで無線で連絡があった1〜2時の方向を索敵することができましたから。
 
 てなことで、こうして昔のミッションをやってみると、少しはスキルが上がったのかな、とささやかに嬉しかったりします。

Shuttle01
Shuttle02

2013年11月15日 (金)

テクノブレイン次回、次々回作

 ふとテクノブレインのサイトを覗いてみたら、次回作と次々回作が告知されていました。
 次回が来年一月で新千歳、次々回が春に那覇だそうです。
 
 TONOさんだったかSHIGEさんだったかが(曖昧ですいません)、テクノブレインの次回作は那覇では、と予言されていましたので、その間に新千歳が入ったことになります。
 共に何度か降り立ったことがある空港ですので、愛着もあり、そして新千歳では隣で政府専用機を含む自衛隊機がAI訓練飛行するとのことですから、やはり楽しみですね。(そして那覇ではファントムがパラシュート着陸してくれたら嬉しいなぁ...)
 
 それ以前に、ずっとページ更新がないエアロシムの福岡空港を買うかどうか悩んでいるのですけど。 ほんま、大丈夫かいな。

2013年11月13日 (水)

伊丹へのANA747里帰りフライト(4)

 このシリーズもそろそろ終わりにしましょう。
 
 先にも書いたように、私にとっての国内線747のイメージは、朝伊丹から羽田に飛び、夕方か夜に帰って来るというものでした。 ということで帰りのシーンを再現したいと思います。
 
Itami74731
 ほとんど日が暮れていても、生駒山の南側で北にターンすると左側に夕日に映える大阪湾が見えました。 帰路A席に座った人へのプレゼントです。
 
Itami74732
 同じくA席の乗客を、大阪城公園付近のビルのガラスが市街照明をキラキラと反射させて出迎えてくれます。
 
Itami74733
 千里川の見物人はこういう風に見えているんですね。 下から眺めているときは、ここに落ちてきたらどうしよう、と時々不安に感じましたが、シミュレーターとはいえ、操縦してみるとここまでグライドスロープに乗って降りてきたらあまりそういう心配をしないものだとわかりました。 というか、ここまで来たら意識はいかに安全確実に着地するかに移行しています。
 
Itami74734
 調子に乗って逆着陸にも挑戦してみましたが、おっとっと、やはりにわかにはうまく行きませんでした。

2013年11月 9日 (土)

伊丹へのANA747里帰りフライト(3)

 地元の了解が得られたら良いのかいっ!とツッコミを入れたくなりつつも、とりあえずリアル里帰りフライトが実現するようで何よりです。
 
 とはいえ、バーチャル伊丹里帰りは着陸編に。
 
Itami74721
 伊勢湾から降下。向こうに見えるのは琵琶湖。
 
Itami74722
 奈良県から生駒に向かうと、象徴的な送信塔群が目に入ります。 すると下部に寺院らしきものが。 これは初めて見ました。 調べてみると、どうやら法隆寺のようです。
 
Itami74723
 八尾空港から見るとこんな感じ。 本物そっくりです。
 
Itami74724
Itami74725
 大阪市内のビル群を眼下に、行く手には新大阪駅、その先に伊丹空港が見えます。 この辺りでギアダウン。
 
Itami74726
Itami74727
 タッチダウン!
 
 里帰りフライト最終回、薄暮編に続く...

2013年11月 4日 (月)

伊丹へのANA747里帰りフライト(2)

Itami74711
Itami74712
Itami74713
 ではタキシングして飛び立ちましょう。
 前回書き忘れましたが、伊丹空港のアドオンは当然ながらテクノブレイン製です。 千里川沿いの見学者は嬉しい遊びで、今回は見学者を見学してみました。
 ほんと、ここから多くのジャンボを見学し、四発の747は、飛び立つのも、降りるのも大迫力でした。

 最後から二枚目の画像は、まるでプラモデルの箱絵みたいです。 最後のは、今も昔も伊丹から東に飛ぶときに見える変わらぬ風景です。 この辺りから次に離陸する機体や、着陸する機体を眺めるとなんだか変な気がします。 この機体と自分も、ついさっきまであそこにいたのか、とか。 もちろん天気の良いときのみの贅沢な話です。
 
 ここでふと気付いたのが、私にとっての伊丹+747のイメージは、午前の羽田行きだということ。 実際、夕方以降に羽田に向かったのは一度だけです。 まぁ、大阪在住なので当たり前と言えば当たり前なんですが...
Itami74714
Itami74715
Itami74716

2013年11月 3日 (日)

伊丹へのANA747里帰りフライト

 ふう、やっと決算が終わりました。 個人経営の法人成りとはいえ法人税。 経理&申告は非常に骨が折れます。
 
 さて、来年三月に全機が引退するANAの747、すなわち日本のエアライン最後のジャンボが、ぼちぼちとセンチメンタルジャーニーにとりかかっていますね。
 最後のピカチュウジャンボは先日アメリカに向けて帰らぬ旅に出ましたし(これ、リアルに見てたら涙が浮かんだだろうなぁ)、残った3機('13/11/1現在)はかつて定期路線があった空港に里帰りフライトという粋な運用に当たっています。

 しかし。 かつて多くの離着陸を繰り返した空港の一つである伊丹には、当たり前なんだけれどもこの里帰りフライトがかないません。
 自分自身が乗った航空機の内で圧倒的に回数が多かったのがこの747で、国内線は羽田をメインに、まだ国際線が飛んでいた時代にはロンドン、ハワイ、グアムと全て747で降り立っています。
 今のマンションに引っ越してきた時にはまだ747の発着が許されていて、その大きさ故にゆっくりと見えるグライドスロープ降下の横顔や、冬の朝一にエンジン音を響かせながら雄々しく羽田に向かって行く姿も、つい昨日のことのように覚えています。
 
 ということで、しばらく伊丹空港と747の姿を留めるシリーズをお送りしたいと思います。 いやぁ、これこそシミュレーターならではの荒技。
 機体はいつも通りエロシム、リペイントはSugiyasuさんのもの。 偶然にも残った三機のうちJA8966のリペイントがUPLOADされており、「全日空」のロゴが残る旧塗装でフライトです。 ま、架空ついでのリバイバルペイントということでご理解ください。
 
 では、まずは駐機風景からお送りしましょう。
Itami74702
Itami74704
Itami74701
Itami74703

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

AdSense

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ