« 日没まで一時間-遭難者はどこへ(番外編) | トップページ | EZdok Cameraと格闘中 »

2013年12月10日 (火)

2013カレンダー、12月は定番

Cal122

 いよいよ、この2013年カレンダーも最後の一枚になってしまいました。
 12月ですから、月並みとは思いつつも、やはりクリスマスアレンジ。
 
 元画像は、私にとって最も難しかったミッションの一つである「雪山に消えたジジィ」のソリ付モールです。
 ちょうど彼を救助してベースに戻る時の一枚を利用し、ノーマル画像の寒々とした青被りを調整し、コンパスもスタンプツールで除去。
 そして翼端の赤を利用して間を緑に塗り、真ん中にサンタ帽を被せて少し遊んでみました。 クリスマスプレゼントを詰めた袋も一旦加えてはみましたが、見た目がどうにも不安定だったのでボツ。
 
 今回初めて玉(業界用語で、カレンダーの日や曜日のこと)とセットにした画像を掲載しておきます。
 このカレンダーは「.Too」が販売している「カレンダーファクトリー 卓上・光沢紙 B6」というキットを利用しており、キット記載のサイトから玉データをダウンロード可能です。
 pngファイルであるこれらを、別途私オリジナルで薄いグレーのチェックパターンやらURLをレイアウトしたIllustratorのファイルに割り付け、さらにPhotoShopのfsxファイル(300ppi 169mm×100mm/1996×1181ピクセル)をレイアウトしてプリントしました。
 
 そろそろ来年分を作らなくちゃならないのに、まだネタが決まっていません。 もたもたしているとカレンダー用紙が売り切れてしまうかもしれないし、ちょっと急がないと...

« 日没まで一時間-遭難者はどこへ(番外編) | トップページ | EZdok Cameraと格闘中 »

画像編集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日没まで一時間-遭難者はどこへ(番外編) | トップページ | EZdok Cameraと格闘中 »

AdSense

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ