« 伊丹へのANA747里帰りフライト(実機) | トップページ | JA8966引退 »

2014年1月14日 (火)

アムステルダム-ロンドン定期便(計器やり直し)

 このミッション、一度目にタキシング方向を間違って失敗した以外は、最悪な視界にも関わらず無事成功しています。 が、計器飛行が指示された通りになっていなかったり、今ひとつ釈然としないので、計器類の取り扱いを主にやり直してみました。

Ams21 まずはNDBの解決。 これは私が忘れていたというか、NDB-ADFの取り扱いに慣れていなかったことが原因です。
 ジャイロコンパスの下端両側に、針のVOR-ADF切り替えスイッチがあり、これをADFにします。
 ここでややこしいのがNDBとADFの関係。 これらは別ものですが、ADFにNDBの周波数を入力すると、丁度VORのような働きをします。

 一方、ILSの方は指示された108.3を入力することにより、ジャイロコンパスのもう一本の針が働いていて、これにより、ロッテルダムを通り越してNDから空港が消えても空港の位置を見失うことはありません。
 
 これで大幅改善です。 まず指示された"ROT" NDBの周波数をADFに入力します。(先の記事では353.5と書きましたが、350.5の間違いです。 すいません)
 上記ジャイロコンパスの切り替えスイッチの一方をADFに切り替えると、"ROT"の位置を指しますから、まずはここを目指してHDGを調整します。
 追って指示されるILS周波数108.3をNAVに入力すると、ジャイロコンパスの残りの針はロッテルダム空港の位置を示します。 こうなれば心強いものです。
 
 "ROT"を指していた針が180度反転すると"ROT"通過で、こうなるとコントロールからコース変更の指示が入ります。 ここでミッションにはありませんが、次に目指すNDBである"RR" 404.5に入力し直すと、再度ADFの針はこちらを指し直します。
 この"RR"を過ぎると、HDG270へ、という指示が再度入り、さぁ、これでILSさえキャプチャーできれば雨でも霧でも何でも来い!というところです。
 が、残念ながら三度ほどトライしましたが、NDにキャプチャーサインは現れませんでした。

 でも、ここまで改善したのに諦めるのは悔しいですから、少し考えました。
 あらかじめ滑走路は239と指示されています。 ということはジャイロコンパスのILSの針が239度を指しているところがILSの延長線であることは間違いありません。 実際には旋回のズレを見越して少しだけ早めに転回します。 とりあえずA/PのAPRは使えないものの、雨霧のむこうに滑走路が正対してるはずです。
 これが、あながち間違いでない証拠に、以前は無言だったコパイが速度やフラップの指示を語り出します。

 この視界、どういうわけか前回より極悪で、本来ならゴー・アラウンドもの。
 ただ、それも悔しいので、高度2,000から徐々に降下しつつ、二つのディスプレーと窓を睨んでいると、やっと進入灯が見えます。 ミッション用に飛びやすくなっているB737ですから無事降りられるものの、これ、エアロシムのB747なら絶対アウトですぜ。
Ams13

 こういう悪条件下の着陸、偉そうにコツみたいなものを語らせて頂くなら、A/P(オートパイロット)の速度だけは最後まで頼った方がいいのではないかという点です。
 悪天候下では、飛行場の位置と滑走路の角度を見極めるのに必死で、速度維持がおろそかになりがちです。 フルフラップ+A/P IASの組み合わせであれば、失速しないギリギリの速度まで落とし、かつ維持することができます。
 ただし、最後の最後でオフにしないと、いつまでも脚が滑走路に着かなかったり、減速できずにオーバーランしますので、「いつオフにするか」という意識だけは忘れずにしなくてはなりません。
 
 さらに生意気なことを書かせてもらうと、例のアメリカでのアシアナ機滑走路直前墜落はこの辺りの速度確認&維持がおろそかになっていたのではないかと想像しています。

« 伊丹へのANA747里帰りフライト(実機) | トップページ | JA8966引退 »

ミッション攻略」カテゴリの記事

コメント

 計器飛行、特にプロペラ機でやると楽しいですよ。
 てか、基本メカ好きなので、スイッチやダイヤルを触りまくってるだけで満足とも言いますが...
 
 VORのみで与那国島とか、
 http://obalogfsx.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-83fc.html
 地図の角度計りつつコンパスで隠岐の島へ、
 http://obalogfsx.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/ys-11-c2d0.html
 とか。

再チャレンジお疲れ様でした。私はILS以外の機器はさっぱり分からずに使ったことがないのですが、そろそろ使わないといけないのかな、と思いました。頑張ってみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊丹へのANA747里帰りフライト(実機) | トップページ | JA8966引退 »

AdSense

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ