« 慶良間空港+CIRRUS | トップページ | アムステルダム-ロンドン定期便 »

2014年1月 1日 (水)

謹賀新年

Cal201401

 新年のご挨拶を申し上げさせて頂きます。

 本年は昨年程楽には生きて行けないような風向きなので、こちらの更新頻度もどうなるかわかりませんが、可能な限り自分なりに「遅れてきたシマー」を楽しめればな、と願っています。
 アクセス数は先月12月の平均で240アクセス/日ほど。 これだけ見て頂いている方がいらっしゃることは有り難い限りです。 ご愛顧、誠にありがとうございます。
 
 画像は、先日来から度々触れている今年のカレンダーの一月用で、デフォルトDC-3にSugiyasuさんのリペイントを被せたものです。
 私は関東の人間ではありませんが、やはり富士山程わかりやすく、しかも正月に似合うオブジェはそうそうありません。 そしてDC-3の方は、イメージ的には動態保存蒸気機関車のリバイバル走行というイメージで飛ばしてみました。 この機体、戦前は日本国内でライセンス生産されてた程古い機体なんですね。 もちろん私も実物は見たこともありません。
 
 一応羽田から飛び立ったのですが、ここまで来るのが遅い遅い。 東京湾を一周して高度を稼ぎ、時間節約のために掟破りの厚木基地上空経由でこの山中湖も望めるところまで飛んできました。 速度を見ると110程度は出ていますから、ああでもそれなりに速度は出てるんだと思ってたら、これはmile/hで、Saitekのメーターを見たら90ノット強。 まぁ、新幹線も無かった時代ですからこれはこれで当時の花形輸送手段だったんですけどね。
 
 テールドラッガーは、何度かミッションで操縦体験済みで、離陸は楽で良いです。 速度と揚力がまさしくバランスした結果、勝手に浮き上がってくれる感覚は、本当に翼で浮かんでいることを実感できます。
 逆に着陸は引きすぎると尾輪が壊れるし、減速が過ぎると前に突っ込みそうになるし、運行速度が速くなって姿を消したのもむべなるかなです。 ただ、今回は必要なキャプチャーを済ませたら羽田に戻らず、さっさとフライト終了を選びましたので、お気楽極楽モードでした。

« 慶良間空港+CIRRUS | トップページ | アムステルダム-ロンドン定期便 »

画像編集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 慶良間空港+CIRRUS | トップページ | アムステルダム-ロンドン定期便 »

AdSense

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ