« オリジナルシーナリーへの道はるか | トップページ | 2月はCRJ »

2014年2月 3日 (月)

BOOTCAMP/Windows7/Apple Superdriveの相性

 日曜日、事務所で仕事をするついでにFSXのインストールディスクからSDKをインストール。 と書きたいのですが、ディスクの中身を表示させるのにドライブヘッドが異常なほど激しく、かつ延々とカコカコカコと動き続け、全くインストール作業ができません。
 ディスク自体は認識しているので、ハードが壊れているとかの話ではなく、逆にややこしい。

 あまりに非効率なので、自宅にディスクを持ち帰り、同じくBOOTCAMP/Windows7ながら、ドライブは汎用のロジテックLBD-PME6U3LBKを接続して読み込ませたら、問題なし。 やっぱりBOOTCAMP/Windows7/Apple Superdriveって相性良くないのかも知れません。 というか、Apple Superdriveってスーパータコ。
 
 そのままImageburnというフリーのソフトを使ってインストールディスクをイメージファイル化。 こちらのほうがいざインストールの時に速度が速いし、バックアップとして保存しておくことにしました。
 
 ただし、事務所のiMacはゼロスピンドルですから、今度はこれまたフリーのVirtual Clone Droveという仮想光学ドライブ経由でこのイメージファイルを読み込むこととなります。

 が、今週は学校の方が合評会やら発表会で忙しいので、後ろ髪を引かれつつ、作業はここで中断。実はアップデータはどれを当てればいいのかとか迷いは色々あるのですが...

« オリジナルシーナリーへの道はるか | トップページ | 2月はCRJ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

gmax」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オリジナルシーナリーへの道はるか | トップページ | 2月はCRJ »

AdSense

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ