« カタリナ島沖 がさ入れ | トップページ | 天賞堂製コンコルドと三十五年ぶりに再会 »

2014年3月28日 (金)

やりたいことはあるんだけどね

 いや〜、人一人亡くなると、自分では手早く進めているつもりでもいろいろと手数をとられます。 加えて、仕事というか、学校のイベント関係で久々にwebのcgiだのPHPだのMySqlだとかを手がけなくてはならず、でもその殆どがすぐには思い出せない体たらく。
 なかなか呑気に飛行機を飛ばしたりビルを組み立てたりしていられません。 というかfsx用のマシンはMac OSメインとなって仕事に供出される日々。

 さて、ANAがこれまでのボーイングに加えて、久々にエアバス機を大量発注したというニュースが流れていました。 GEやらPWにRRの多機種エンジンの整備に、シミュレーターの用意など煩雑化することがわかっていながらの決定ですから、様々な思惑があるのでしょう。
 
 で、fsxに話を移すと、私の好きなSugiyasuさんのリペイントが、ベースとされているエアロシムの元気の無さに引きずられるかの様に勢いが無いのが気になります。
 上記、ANAが採用する777-9X、787-9、A321neo、A320neoの機体そのものがエアロシムから出ない限りSugiyasuさんは動かれないような気がします。 ま、他を探せばいくらでも良い機体があるとはよく言われますし、以前ここでも触れたNCA塗りのB747-8Fも存在しています。
 そろそろ視野を拡げろってことなのかもしれませんね。
 
 と、いかにもまともなまとめ書いてますが、とてもじゃないけどそんな暇ねぇっ!って感じです。

« カタリナ島沖 がさ入れ | トップページ | 天賞堂製コンコルドと三十五年ぶりに再会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

エアバスはフラップを下げた姿が美しいと思っています。 双発機の時代になって影が薄いA340は主翼が華奢に見えるので、余計その印象を強く受けます。

ただ、FSXデフォルト機体のA321は特にA/P解除後のマニュアル操縦に難があるのでちょっとトラウマです。

http://obalogfsx.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/fsx-1886.html

ANAのエアバス機大量発注は初耳ですね。退役した747の補充でしょうか。ともあれ、僕はエアバス機は好きですから、エアバス機が増えてくれるのはうれしい事です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カタリナ島沖 がさ入れ | トップページ | 天賞堂製コンコルドと三十五年ぶりに再会 »

AdSense

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ