« やりたいことはあるんだけどね | トップページ | 4月もジャンボ »

2014年3月29日 (土)

天賞堂製コンコルドと三十五年ぶりに再会

 大した量も飲んでいないのに、なぜか二日酔い気味なのを押して、4/6に閉館する大阪弁天町の大阪科学博物館に行ってきました。
 って、そんな鉄な話はこちらじゃなくて本家blogものながら、ささやかな飛行機ネタを。
 
 この博物館、隠れた財産は数多ある模型。 それも鉄道の1/20のものは当時自動車一台が買えるくらいの価格だったそうで、それが最後とばかり、多数倉庫から運ばれて展示されています。 もちろんこれで全てではありませんから、本当に宝の山なのです。
 
 なんでそんな偉そうなことを言えるのか? いえ、私、高校・大学時代、ここでバイトしてましてん。 昨日わざわざ行ってみたのも、当時働いていた職員の方々の顔を久しぶりに見てみたかったからです。(みんな定年退職して二度目のご奉公か、それも終わってバイト参加なんだけど)
 
 この写真のJAL旧々(々?)塗装のコンコルドもその当時、つまり35年程前に私が実際にガラスクリーナーとウェスで掃除していた模型そのもので、木製。 フロントサイドの鶴丸マークなんて、今ならパソコンから縮尺プリントとなるのが、筆での手塗り。 マークのみならず、細い細いピンストライプも筆塗り。 どこが作ったかというと、東京銀座の天賞堂。
 この辺りの詳しい話はあちらのblogに書いてありますので、よろしければご覧下さい。
Concord_jal1
Concord_jal2

 しかし機首周りは汚れてますね〜。 いけませんね〜。 いつか持って帰ろうと奥の工作室でピカピカにしていたのに。 でも機体全体は見る限り全く歪んでいません。 上質で堅い木材を使用してるんでしょうね。 イコール加工しにくい素材のはず。
 当然今回はガラス越しの展示で手にすることは不可能ながら、主翼の上面の塗装と質感が素晴らしかったのを今でも覚えています。 35年経っても廃棄されること無く、こうしてまた人々の前に立派に展示されて何よりです。(モッテカエラナクテヨカッタ...)

 これは特別展示室で展示してあるもので、他にも1/100のモデルが並んだ場所もあり、これがBOAC、 パンナム、大韓航空の旧塗装、そして今年の私のカレンダー一月を飾った全日空のDC-3ありで、さすが52年の歴史です。
Concorde_jal3
 
 実機としては単発/双発小型機が当時のまま二機展示してあります。 当時は今程飛行機に興味が無かったので、セコい機体だな、と全く気にしていなかったのに、FSXで小型機の操縦の楽しさを覚えてしまった今では、「これ整備したら今でも飛べそう...」と手順を頭に描いてしまいました。
 
 近辺の方は模型を見るだけでも訪れる価値はあるかと存じます。 ただし学校が春休みに入っているし、加えて土日はもう絶望的に混むでしょうけど。


« やりたいことはあるんだけどね | トップページ | 4月もジャンボ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やりたいことはあるんだけどね | トップページ | 4月もジャンボ »

AdSense

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ