« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月20日 (火)

夜の空港画像

 設定やチャンスによっては「これはリアルの写真?」と見間違える程のレンダリングを見せてくれるFSX。 一方で、これはどうも苦手なシチュエーションなんだな、と感じる欠点もあります。
 一つは雨。 設定してもちゃちな雨しずくが降ってくるだけで、水煙等は期待できません。 よってPhotoShopでガシガシ書き込まなくてはさまになりません
 
 そして夜の空港も苦手です。
 シーナリーを遠目から見る夜景はそれなりなのに、駐機場での機体への光が全くと言っていい程当たらない設定になっています。 照明灯に灯は灯っているのですが、それは見た目だけで、レンダリング上は発光していない、つまりはFSX側ではどうしようもないということになります。
 個人的な感想ではエアロシムの作る空港(神戸・関空等)のほうがテクノブレインのそれよりは幾分光があたっているように感じるものの、いわゆる幻想的なあのリアル風景とは程遠いものです。
Naha51
 
 これは何とかならんものかな、と考えたきっかけはテクノブレインの那覇空港。 この端の方に貨物ターミナルがあり、近年ANAはここを貨物便のハブにしています。 そしてこの夏、ギャラクシーフライトと呼ばれる、深夜0時に羽田を出て那覇に到着、未明に那覇を発って早朝羽田着という、本来は貨物便を夏のシーズンに合わせて人も乗せる、という臨時便を出すそうです。
 余談ながら、この便、メインはカーゴベイに目一杯積み込む貨物なので、その分乗客を減らして運行します。 そこまでするってことは重いんだろうなぁ...
 
 この運用、人を乗せる以上は普通のスポットに停める筈だけど、25トンにも上る貨物を扱うには旅客スポットよりも専用貨物スポットの方が効率が良いのじゃないか、とか想像すると面白い。 旅客用スポットで客を降ろしてから貨物に移動する? いやいや、それじゃ2時間後の羽田便の旅客準備が難しそうな。 いっそのこと最初から貨物ターミナルにつけて客はタラップ&バス移動?
 
 それはともかく、夜の那覇貨物ターミナルを再現するべく試行錯誤。
 基本はPhotoShopで明るさを増幅されるので、通常は夜間のハイライトとして重宝する尾翼のロゴライトは消灯。 画像全体を調整すると海や空まで明るくなり、暗めとはいえ照明が灯る空港内風景と違和感が生じます。
 従って、機体+駐機場 vs 海+遠景を分けるアルファチャンネルを作製。
 これであらかたの明暗調整ができますが、今度は機体と駐機場との間に妙な浮遊感が現れるのと、機体には映り込む照明灯のハイライトが必要になります。
Naha50
 
 そこで次は機体と駐機場を分けるアルファチャンネルを作製し、機体のみにフィルター>描画>照明効果を与えます。
 最後に赤っぽくなりすぎた全体のトーンを彩度調整でオレンジ側に寄せて一応完成。 機首辺りはともかく、尾翼に行くに従って光の当たり方が不自然ですね。 これ、奥が深くておもしろそうです。
 遠くに見えるは那覇港。 右側のひときわ明るい建物は何でしょうね?
Naha52

2014年5月14日 (水)

那覇空港ガサ入れ

 目出たくWoAIとデフォルトAIが両立したテクノブレインの那覇空港。 改めてトライクでガサ入れ飛行してみました。
 
Naha31
Naha33
Naha34
 ずらりと並ぶF15-J、E-2C、P3C。 凛々しいねぇ。
 リアルでもこんな感じで露出度が高いこれらの機体、偉くサービスがいいな、と思ってたら、じつは格納庫の容量不足で仕方なく並べているのだとか。
 
Naha32 
 スクランブル用機材には中央の増槽タンクに加えて左右二本がさらに加えられています。
 
Naha45
 なぜか宙に浮かんでいる自家用車達。
 
Naha36
 こちらは増槽一本タイプの離陸。 これのみならず、民間航空機もAI機ながらちゃんとギアアップして飛び去って行くのは立派。
 
Naha36_2
 滑走路南側の風景。 左側は瀬長島で、頂上に立つのは瀬長島ホテル。 右側の一見四葉のクローバー上のものは野球場。 四面の野球場が集まってこの形。 一辺ざっと200メートル。 どんだけ広いねん。

2014年5月11日 (日)

WoAIとデフォルトAIの両立

 テクノブレインの那覇空港の発言に戴いたコメントを基に、WoAIとデフォルトAIの両立を目指してみました。
 具体的にはコメントを戴いたたっちゃんさんのページ通りにしました。
 加えてWoAIの機体が煩雑なので別のフォルダーに整理。 これもこのページの方法に従いました。 ありがとうございます。
 
 すると一発で海自のP3Cや空自のF15-J、E-2Cがぞろぞろと現れます。 おまけにWoAIを入れてから(ライブで)見なくなった無印ボンバルディアやミッションでお馴染みのワールドトラベル等の純正AI機も久々に見ることができました。 スクランブル用格納庫にもちゃんとF15-Jが収まっています。
Naha11
Naha21

 が、ふと気がつくとそれまで見えていたANA, JALのAI機が一機も見えません。 どうやら今度はWoAI機が見えなくなっています。 これには少々手こずり、WoAIの再インストールなんぞもやってみて、結局原因は、WoAI機を一つにまとめるために「C:¥Program Files(×86)¥Microsoft games¥Flight Simulator X¥SimObjects」内に新たに作ったフォルダーのアクセス権がおかしくなっていたことでした。 これはフォルダー>プロパティ>セキュリティから編集して問題解決。
 つまりはプログラム領域にWoAIが入って行けなくなっていたということです。
Naha22
 
 これでWoAIとデフォルトAIの両立が叶いました。
 ANA, JAL, Solaseed, Peach以外のパッケージを入れてないせいか、はたまたフライトプランに反映されていないのか、国際線ターミナルには一機も止まっていません。 一方で自衛隊機は結構頻繁に飛上がっています。 これならEZdok Cameraをどこかに据えてのんびりとAI機を待つのも良いかもしれません。
 トライクでうろうろしたガサ入れレポートは次回に。
Naha23

2014年5月 4日 (日)

5月は慶良間のシーラス

Cal2014051
 月が変わり、カレンダーは昨年も登場願った、知り合いが実際に所有されている軽飛行機、シーラスです。 場所は慶良間飛行場。 シーナリーはご存知飛想会のとのちゃんさん制作。
 
 これまた地味にEZdok Cameraを使っておりまして、何とか細かく作り込んであるターミナルと海、シーサーと機体を収めるべくかなり苦労た結果、結局ターミナルは諦めてこの構図となりました。
 この機体、Eaglesoftの有償もので、飛ぶ面ではあまり良い出来ではとはいえません。 しかし、ご覧のようなドアやハッチのオープン、及び機体固定の重りなど、細かいギミックはなかなかよくできています。
 先日これを久々に選択したら、最も特徴的な二連MFDがエラーで表示されませんでした。 こりゃ一度再インストールする必要がありそうです。
 
 ちなみに、八尾から慶良間、その気になればノンストップで飛べるそうです。 ただし、人的理由で鹿児島辺りで一旦休憩するのが安全策だ、とお聞きしました。 なるほど。
 昔読んだ日本の戦記物で、南洋に長距離出撃に出たパイロットが竹筒にしたおしっこを風防から捨てると、それが虹になって妙に奇麗だった、という下りをふと思い出してしまいました。
 
 で、最後まで採用に悩んだターミナル背景の画像がこれ。 右の手を振ってくれているおじさんも捨てがたかったのですが...
Cal2014052

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

AdSense

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ