« 自家用飛行機初搭乗 | トップページ | アシアナ事故はやはり人為的ミス »

2014年6月22日 (日)

Eaglesoftの残念

 折角小型自家用飛行機初搭乗を果たしたので、同じ機体で同じルートを飛ぼうとしているのですが...
 実はアメリカのEaglesoftというところから買ったCIRRUS SR22 G2という機体、恐らくFSXのハードを入れ替えたときに何かがおかしくなって、電子機器類が全く表示されません。
 自慢のツインディスプレーには"INITIALIZATION ERROR Error Code 1003"と真っ暗な画面に文字だけが表示されています。 静止状態でオリジナルカレンダーに使用したり、とりあえず飛びはするんだけど、電子機器類のスイッチに触れたら必ず落ちます。

 そこで、これを機会に問題解決を試みているんですが、正規ユーザーであるにもかかわらず、再インストールができません。
 しかたないので頼ったEaglesoftのサポートの反応が遅い。 これは以前にもフラップを降ろしたら違う機能がONになってしまうトラブルの相談でも感じたことで、遅いだけではなくてピント外れ。 というか、英語を通してヤル気のなさが伝わってくる残念さです。
 
 結局週末を挟んでしまったので、いずれは解決するとは思いつつ、しばし待つしかありません。

« 自家用飛行機初搭乗 | トップページ | アシアナ事故はやはり人為的ミス »

機体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自家用飛行機初搭乗 | トップページ | アシアナ事故はやはり人為的ミス »

AdSense

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ