« 飛想会の鹿児島空港V2を楽しむ(3) | トップページ | 雨期のアプローチ »

2014年7月29日 (火)

飛想会の鹿児島空港V2を楽しむ(4)

 なんか寄り道をしている間に、まともなレポートが遅れてしまいました。
 
 ここの滑走路は、北向き運用がレギュラーのようで、離陸したあと東西どちらに旋回するのか、少し考えました。 以前一度だけここを利用した時は、たまたま宿泊した隼人のホテルを眼下に見ながら旋回上昇していた記憶があるのですが、どうもそれだと北へ離陸した時のイメージが掴めません。
 
 ということで、この記憶は一旦リセットして、ネットで検索。 多分桜島の噴煙を避ける意味もあるのでしょう、東へ旋回してそのままほぼ滑走路に平行して南に上昇するルートが出てきました。
 これを参考に、都城辺りまで南下、そこから西に旋回してRWY34に正対して着陸します。
 一旦G/S、ILSを捕まえてしまえばエアロシムのB767は非常に安定していますので、画像のレポートを...
 
Kagoshima41
 錦江湾のせいで、鹿児島空港や鹿児島中心部は海沿いにある、と思い込みがちですが、薩摩・大隅半島に抱え込まれるように結構内地にあることがこうしてみるとよくわかります。
 
Kagoshima42
 桜島はデフォルトではほとんどリアリティがありません。
 
Kagoshima43
 高隅山を見ながら空港にUターンを開始。 B767も既に引退が囁かれるようになる中、こうしてバンクする姿は非常に美しいものがあります。
 
Kagoshima44
 ILSを捕まえて、オーパイのLOCをONにすれば確実に空港に正対。
 
Kagoshima45
 やがてG/Sも捕まえてAPP制御で安定して降下して行きます。 あとはどこでオーパイを外すかのみ。 まぁ、リアル機なら横風などもっと忙しいと思います。
 
Kagoshima46
 綺麗に着陸。
 
Kagoshima47
 ノエビアの基地がここにもあるんですね。 知りませんでした。

« 飛想会の鹿児島空港V2を楽しむ(3) | トップページ | 雨期のアプローチ »

アドオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 飛想会の鹿児島空港V2を楽しむ(3) | トップページ | 雨期のアプローチ »

AdSense

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ