« 5DMEとTENMAの位置 | トップページ | 浮気してます... »

2014年8月25日 (月)

8月は隠岐から飛び立つボンバルディアQ3

 気がつけば八月もあと一週間。 今年の夏はこれまでになく忙しくて、由無し言が滞っています。
 思えば八月になって数日後、風の強い日の後にシェルフに置いたカレンダーを見たら、まるで「はよ俺のことをblogに書かんかい!」と言わんばかりに自分でめくれ上がっていたのがこの8月のボンバルディアQ3でした。
 にもかかわらずそこからまだ放置し続けていた私の横着...
Cal201408

 後ろに見えているのは隠岐空港。 私は結構ここと伊丹のFSXフライトをプロペラ機でよく楽しみました。 YS-11にせよ、ボンバルにせよ、VORやチャートと組み合わせることで、フライトプランのNAVにおまかせとはひと味違った楽しさがあります。
 細かいことをいえば、隠岐空港は今では新滑走路に移行していますし、ANAウイングスになったエアーニッポンにも隠岐便は設定されていませんでした。 現在リアル隠岐への定期便を運行しているJALエキスプレスも、8月は繁忙期ということでひと月だけB737で運用するのが恒例となっています。
 つまりは、一見ありそうなこの画像はFSXならではの妄想ということになります。

 そう、このB737便(JL2332)といえば通常は中国山脈経由なのを、たまたま昨日は中国山地から近畿北部にかけて大荒れの天気になり、隠岐から一気に広島空港まで南下してこの雲を避けていました。 ところがそこから先、関空とのからみで混雑する大阪湾に降下しながら和歌山辺りにまで誘導され、パイロットは右ターンをして大阪山脈沿いに向かいたいのを、管制は関空便との混雑があるのでさらに和歌山奥から左ターン→SHINODA経由で伊丹に降ろしていました。
 普段は32Rに降りることが多い737もさすがにILS付き32Lに誘導、その間も「気象を報告」というのがありましたから、ここしばらくの前線による大雨は飛ばす方も管制する方も大変みたいです。

 てなお話は、例のライブカメラの「宝塚お天気ニュース」の方の関西アプローチで知りました。 ご苦労様です>関空管制の方々

« 5DMEとTENMAの位置 | トップページ | 浮気してます... »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5DMEとTENMAの位置 | トップページ | 浮気してます... »

AdSense

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ