« 大阪空港のライブカメラ | トップページ | 5DMEとTENMAの位置 »

2014年8月17日 (日)

ANA767のモヒカン運用終了

 ANA767のモヒカン機が11日でモヒカン運用を終了、来月から通常塗装になるというニュースを読んで驚きました。 いや、情報通の方達にとっては規定の話だったのでしょうし、もともとがキャンペーン的存在だったのでいつかは終るわけですが。
 
 実機の方はおかげさまで昨年、修学旅行に旅立つ娘を伊丹空港に送りに行ったときに(しかも逆離陸で)、遠目ながらじっくりと眺める機会に恵まれました。 以後も最近は伊丹に立ち寄ることが多かったようで、ふと見上げたアプローチ機がモヒカン767だったことも数度。
 私の世代にとってはこのペイントを施した727が全日空の最も代表的なイメージでした。 余談ながらその視点で言うと私にとってのJALはDC8かなぁ... 歳がばれるなぁ...
 
 で、折角のFSXのblogですから、伊丹で撮影したモヒカンをほぼ同じ位置(伊丹スカイパーク)からEZdok Cameraでキャプチャーしてみました。

Mochi01a
Mochi01b
 支援車両や業者の車が少ないのは仕方が無いとして、隣にAI機が現れてくれなかったのは残念。 なんだか、とっても寂しそう。

Mochi02a
Mochi02b
 プッシュバックで細かい位置調整ができないのはFSXの欠点です。
 
Mochi03a
Mochi03b 
Mochi06a
Mochi06b
 よいしょっとVR。 実物とかなり位置が違っています。 んっと、フラップは20だったのかな?

Mochi04a
Mochi04bb
 背後の全日空整備の建物が入れば良かったのですが、機体の上昇角度はなかなかマッチしています。
 
Mochi05a
Mochi05b
 これはかなり構図がずれてしまいました。 なんだか実機の方が元気よく離陸してる気がします。

« 大阪空港のライブカメラ | トップページ | 5DMEとTENMAの位置 »

機体」カテゴリの記事

コメント

モヒカンジェットの塗装、もうなくなるのか!知らなかった・・・モヒカンジェット、1回でいいから見てみたかったですorz JALでもDC-8みたいな感じのリバイバル塗装やらないかなぁ・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大阪空港のライブカメラ | トップページ | 5DMEとTENMAの位置 »

AdSense

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ