« 9月は着艦するFA18 | トップページ | ライブカメラで伊丹14運用初視聴 »

2014年9月22日 (月)

747テストフライト

Mojave01
 始めたばっかりのObjective-Cの勉強もどこへやら、LINEのスタンプ作りにさらに浮気して暇がありません。 しかし、それではここを見に来て頂いている方々にあまりに失礼なので、久々にミッション攻略の駒を進めてみました。

 先の「雨期のアプローチ」から、いつのまにかカテゴリーが"EXPERT"になっていて、今回のテストフライトもなるほど、一筋縄では終わりませんでした。
 
Mojave02
 まずはエンジンアイドル状態での失速テスト。 
 リカバリーはいろいろ試した結果、警報が出ると同時にスラストレバー全開はもちろんのこと、機体を思い切り下に向けます。 後ろに乗客は乗っていないので遠慮は要りません。 警報が消えれば速度計を睨みつつ機体を引き上げ、次のテストに備えてできるだけ高い高度に上昇します。(って、簡単に書いていますが、水平を保とうとしたり、中途半端に下降したりしたりで何度も墜落いたしました)
 
Mojave03
 次のデパーチャーテストも同様に、指示通りフラップを操作し、失速からの回復は前回同様思い切り頭を突っ込みます。
 
 さて、この辺りから徐々にエンジンが停止しだすわけですが、少なくとも4番3番は再起動を試みても無駄で、なんとかエドワーズ空軍基地に降りるしかありません。 ここで、条件が分かれるというか、上記までのテストをどこの空域で行っているかが着陸に影響を与えます。

 私の場合、デパーチャーテストの最中に設定エリア外に出そうだから西に旋回、という指示が出たのでオートパイロットで旋回しつつ、テストを継続しました。
 結果としてテスト中のエンジン故障が始まったときにはエドワーズまで20DME、高度15000、速度250になっていて、とてもじゃないけど一発では着陸できません。 しかし、それまでに推力不足で滑走路にたどり着けないミスを何度か経験しているので、これはこれで悪いわけでもありません。
 
Mojave04
 よって高度のみオーパイに4000をセット、旋回はエドワーズのVORを頼りに滑走路手前でマニュアル旋回しながら高度を落とします。 そうしてやっとPAPIが見えた頃には2番エンジンが止まりますが、降下による速度も利用すれば、取りあえず滑走路には十分余裕を持ってたどり着けます。
 ただし、翼端の一発だけが推進源ですから、かなりの風見鶏状態になり、本来ならメインギア着地と同時に機首を滑走路に揃えなくては前脚がやられるとは知りつつ、メーデーなのでそのままタッチダウンの上、減速。 おお、ミッション成功です。
 
 しかしあんな過酷なテストを何年も放置してあった機体でやろうってのが、そもそも無茶ってなもんです。
Mojave05_2

« 9月は着艦するFA18 | トップページ | ライブカメラで伊丹14運用初視聴 »

ミッション攻略」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9月は着艦するFA18 | トップページ | ライブカメラで伊丹14運用初視聴 »

AdSense

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ