« シーラスの不時着 | トップページ | 11月はアラスカ »

2014年10月25日 (土)

エアロシムから久々新製品?

 ふとエアロシムのサイトを久しぶりに覗いていたら、10/15に更新されていました。
 おおっ!、久々に新製品?と目を移してみたら、「進入管制 for FSX 西日本」 あれっ?どこが新製品?としばらく考えて、それまでの2004版からのコンバート版であることを理解しました。
 
 な〜んだ、と落胆しつつ、二年ほど前にこれの東日本版を買ったことと、そうそう、あれはそもそもオマケ機体であったDHC8-300欲しさだったんだ、と思い出しました。 では今回のオマケ機体は、というと、DHC8-400とSAAB340B。 いいなぁ、共に我が家のマンションの目の前をゆっくりと低空で旋回しながら32Rに着陸してゆく機体です。(今朝も新快速待ちの新大阪駅で32Rにまっすぐ降りてゆくDHC8-400の腹を見上げてました。)
 
 あのときはDHC8-300でも良いか、と思っていましたが、いつも伊丹に出入りするDHC8-400を見ていると、300に比べてにゅーっと長い機体のイメージとはやはり違いました。 さらに400ならSugiyasuさんのリペイントからいわゆるエコボンと呼ばれるANA緑バージョンも楽しめますし、HACやアークで良いならエアコミューターも利用できます。
 さらにSAAB340Bなら鶴丸リペイントもありますから、伊丹発着の最短距離路線であろう但馬空港便の再現も可能です。
 
 2004仕様機体の問題はDHC8-300で分かっているし、う〜ん、これは魅力的です。

« シーラスの不時着 | トップページ | 11月はアラスカ »

機体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シーラスの不時着 | トップページ | 11月はアラスカ »

AdSense

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ