« 南の島伝いフライトを飛んでみた(3) | トップページ | 12月はクリスマス »

2014年11月29日 (土)

南の島伝いフライトを飛んでみた(最終回)

 さて今回の企画、ここ喜界島から与論島まで飛ぶと終了です。 もしかしたら同じTONOちゃんさん作で、以前に公開された慶良間まで行けるかな、とも思ったのですが、早回しをしないリアル時間軸では結構時間がかかり、タイムアウトになってしまいました。
Island41

 RWY25から飛び上がって、ルート取りはKERAMA 112.25を目指すだけ。 この上には伊良部島を経由すエアルートがあり、ほぼその下4000ft〜5000ftを淡々と飛ぶということになります。
 ここに至るまでにふと気づいたのが今回選んだMOONIEなど、ピストンエンジンプロペラ機に装備されている「カウル」という装備。 Saitekのスイッチパネルでは一番左にスイッチが存在しています。 これはエンジン冷却を調整する機構で、WWII時の戦闘機では急上昇/下降するときには頻繁に開け閉めしないといけないという文章を読んだことがあるくらい、実は重要なんだそうです。
Island42
 
 で、試しに巡航時に開けてみたら... ちゃんとCHTがレッドゾーン直前から結構目に見えて低下しました。 と、偉そうに書いていますが、CHTの意味が分からず後で調べると、Cylinder Head thermometerの略で、エンジンヘッド温度計という意味でした。
 自動車にも装着されていますね。 でも厳密にはこちらは冷却水温ですから、空冷エンジンの場合はちょいと意味が違います。 これが上がると即エンジンが焼き付く、というわけではないものの、性能や寿命にはかかわって来るはずです。

 また、速度と温度が比例するような単純関係では無いようで、スロットルを絞って110ktくらいでアプローチしているときが最高温度でした。 速度が落ちるとエンジンカウル内に入る空気も減少するからでしょう。
 
Island43
 そんなこんなをしていうるうちに最終目的地である与論島が近づいてきました。 と思ったら、それは沖縄本島(緑)で、与論島(黄色)はその手前、もっともっと小さい島。
 滑走路は14/32ですから、一旦東の方向にコースの軸線をずらしてアプローチです。

 ところがところが、伊良部島を超えた辺りからだんだん風が乱れてきて(気象設定は例のリアルタイム更新)揺れる揺れる。 アプローチ段階になってら余計酷くなって、一瞬EZdok Cameraの揺れスイッチを入れたのかと確認したくらいです。
 とにかくコースだけは死守したものの、一旦バウンドして再度着地したときに「ガショッ!」と音がしましたから、多分尻餅をついたはずです。 あ〜あ、実機だったら大損害ですね。
Island45

 ところで、ここまでが鹿児島県なんです。 イメージとしてこの辺りはもう沖縄県だと思い込んでいたので驚きました。 鹿児島県政も大変だなぁ、と隣の大きな沖縄本島を眺めていました。
 さて、仮に慶良間に飛ぶなら、どういうコースで飛ぶべ。 米軍やら自衛隊やらややこしいよね。
Island46

« 南の島伝いフライトを飛んでみた(3) | トップページ | 12月はクリスマス »

旅行・地域」カテゴリの記事

アドオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南の島伝いフライトを飛んでみた(3) | トップページ | 12月はクリスマス »

AdSense

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ