« ああ憧れのコンコルド | トップページ | DHC8-400はどうかというと »

2014年12月28日 (日)

「進入管制 for FSX 西日本」のSAAB340

Saab01 新しいカレンダーのネタの件もあるし、せっかくSugiyasuさんが更新されたSAAB340のデータを見過ごすわけにはいかないし、どのみち同梱のDHC8-400欲しいし、と「進入管制 for FSX 西日本」を購入しました。

 「進入管制 for FSX 西日本」そのものはまた別の機会で書くとして、まずはSAAB340のお話。
 但馬空港から伊丹に降りるときに私の住んでいる町の上空でドッグレッグターンしているのを見ていますから、DHC8-400同様非常に親近感があるこのSAAB340。
 白っぽいコックピットもまずまずの出来で、基本的な操作も問題ありません。 ただし、ヘッドホン経由でずっと一定のノイズが聞こえてきます。 だだし、これは我慢できない、という程のものではありません。
Saab02
 
 元々FS2004の機体なので少々問題あり、と最初からエアロシムが公言しているこのFSX焼き直しアドオンシリーズ、先に出た「進入管制フライト for FX 東日本」でのDHC8-300の問題は既にレポート済みですが、今回のSAAB340では、同じプロペラながらちょっと違っていて、プロペラと地形データの間のオブジェクトが表示されません。
 下の写真、最初のもよく見ると雲が表示されずに青空がレンダリングされています。 さらに一目瞭然なのがその下で、なんと空港ビルが完全に透けて、その向こうの地形が現れています。 う〜む、なんて斬新な...
Saab03
Saab04

 但馬空港のシーナリーはSHIGEさんのものを使用させて頂きました。 もともとこの路線のSAAB340は兵庫県航空所有と呼んでも良いような機体ですから、この空港との相性は抜群です。

 また、SAAB340はHACも使用していますので、女満別(TONOちゃんさん作)でのプッシュバック風景も添えておきます。
 
 さてもう一機のDHC8-400はと言うと...
Saab05

« ああ憧れのコンコルド | トップページ | DHC8-400はどうかというと »

機体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ああ憧れのコンコルド | トップページ | DHC8-400はどうかというと »

AdSense

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ