« とりあえずはメリークリスマス | トップページ | 「進入管制 for FSX 西日本」のSAAB340 »

2014年12月23日 (火)

ああ憧れのコンコルド

 少し時間の余裕ができたので、慌てて来年のカレンダーの準備を始めました。
 何と言っても表紙と一月がカレンダーの顔と思っているため、これまで政府専用機だったりDC-3だったりと、それなりにいろいろ考えてみた結果...
 ここは憧れのコンコルドさんに登場して頂くしか無いだろう、ということになりました。
 ただただ美しいです。

Conc01 
 先のデタラメなサンタ&ソリと同時にFlightSimで発見、ダウンロードしてみたら問題が無いわけじゃないけどかなりまともな機体でした。 むしろ白眉は見た目よりも付属の書類に記されている飛ばせ方です。 音速巡航に至るまでのプロセスが事細かに書かれていて、最後には着陸後、2&3番エンジンを止めて二基でタキシングする、に至っては感動ものです。
 
Conc015
 関空(実際に一度エールフランス機が飛来)から飛び立った時、いつものようにスラスト全開にしたらアフターバーナーが点火してしまいました。 これあかんよね? 滑走路痛むし。
 翼の形状からか、エンジンパワーの割に上昇力が乏しく感じ、巡航高度に達する迄の仰角も大きいのが印象的です。 
 
Conc02
 ノーズとバイザーを巡航モードにして中部国際空港を眺めながらKOWAに向かいます。
 
Conc03
 なんとか羽田まで持ってきましたが、ドキュメントにはILSに対応とあったにもかかわらず、インストールミスをしたのか完全目視。 フラップが無いため降下制御しにくく、全くスマートに降りられませんでした。

« とりあえずはメリークリスマス | トップページ | 「進入管制 for FSX 西日本」のSAAB340 »

機体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« とりあえずはメリークリスマス | トップページ | 「進入管制 for FSX 西日本」のSAAB340 »

AdSense

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ