« 2015年一月はコンコルドと富士山 | トップページ | コンコルドの離陸 »

2015年1月 4日 (日)

「進入管制 for FSX 西日本」に見る伊丹空港14進入

 おまけ機体欲しさに購入したエアロシムの「進入管制 for FSX 西日本」とはいえ、機体以外全く触っていないわけではありません。
 
 ただし時間もないので、せめておなじみ伊丹空港を、と覗いてみたら、14進入、いわゆる逆着陸があるではありませんか。 これはもう私のFSXにおけるライフワークと呼んで良いくらいのフライトなので、フライトシムがどういうアプローチを見せるのか興味津々でスタート。
 このミッション、パイロットモードを選んでも最後の着陸以外は勝手に進行します。 このとき最初にctrl+Kを押してジョイスティックを無効にせよ、と言われますが、そうするとSaitekも無効になりますので、ミッション開始後、すぐにctrl+Kを再押下して有効化します。

 
Asrjoo01 レフトブレイクは新大阪駅を目前にして、伊丹OUEから7DME手前、おおよそ毛馬手前の辺りです。
 
 
Asrjoo02 そのまま六甲山山頂を目指す感じで、HDG290、IAS180、ALT1500で。

 
Asrjoo03 尼崎辺りでHDG320に旋回すると視界の先には前回自分でルートを探った時と同じく宝塚のタワーマンションが見えます。 やっぱりこれがひとつの目印なんでしょうね。
 最終的にRWY14に向かったときには、実は結構西側にずれてて、そこから手動で着陸するときのみはパイロットモードらしくなります。 最終速度は150ktまで落としていました(B737)。

 面白いのは、私はテクノブレインのアドオンも入れていますから、デフォルトには無い(リアルにはある)逆アプローチ用の放物線に配置されたストロボライトが表示されています。 これとの比較でいうと、それほどこのライトに厳密には従っておらず、目安程度に利用されているのかな、とも感じました。

 あと、宝塚から右旋回するとき、バンク角30度くらいで一旦HDG050くらいで戻し、そこで滑走路の位置(LとかRとかも)を目で確認してから再度90度ターンする、というのがやはり正解のようです。
 
 なお、一部の地方空港を選ぶとFSX自体がクラッシュすることを確認しております。

« 2015年一月はコンコルドと富士山 | トップページ | コンコルドの離陸 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2015年一月はコンコルドと富士山 | トップページ | コンコルドの離陸 »

AdSense

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ