« KDPで水泳エキソサイズ電子本を出版しました | トップページ | 宮古空港ガサ入れ »

2015年2月11日 (水)

2015年二月は新千歳のAIR DO

201502
 エアロシムのB767にはSugiyasuさんの面白いリペイントがあります。
 中でもANAとJALの旧塗装はお気に入りで、さらにAIR DOという、関西在住の私にはあまり縁がないエアラインのリペイントもあって、それとテクノブレインの新千歳を組み合わせたのがこの二月です。
 
 二月の新千歳を選ぶと、FSXは自動で雪を選んでくれます(もちろんアドオン側で雪対応している故)。 ただし、駐機場や機体に雪があるわけではないので、どこかもの足りません。
 そこで天候を霧にすると全体がもやっとして、細かい雪が舞っている「気もします」。 さらにPhotoShopで遠方になるに従って白っぽくなるような上塗りを重ねると、こういうある種どよんとした風景が得られました。 そういえばS&Gの歌で"Hazy shade of winter"(冬のどんよりした影:冬の散歩道)という曲がありましたっけ。
 
 面白いのがAI機達。 手前から二機目のAIR DO機のみがリアル機体で、あとは全てAI機です。 やっぱり大空港にはたくさんの機体がひしめいていないとね。
 AIR DOは関係企業ですから、ゲートが一緒で、支援車両もANAってのは問題ないと思います(実際には未確認)。 しかしAI機とはいえ、向こうのAIR DO機は一見それとは見えない仕上りで、特に色はSugiyasuさんのそれと全く同一。(もっとも、主翼の上半角が全然違うのが興味深いですけど) 偶然とはいえ素晴らしい邂逅でした。
 そして一番向こう、新千歳にはB747がよく似合います。

 で...、向こうから二機目のMD-11ですかね? これが謎のデフォルトAI機。 Pacifica Airlines? ああ、FSXの世界では結構有名な架空エアラインです。 北海道の空港には見たこともないロシアのチャーター機が駐機していることも珍しくないので、ある意味これも新千歳らしいのかもしれません。
 
 それにしてもBOYCEって...

« KDPで水泳エキソサイズ電子本を出版しました | トップページ | 宮古空港ガサ入れ »

画像編集」カテゴリの記事

コメント

 う〜む、そうなんですか。 ということは旧正月まっただ中の今は修羅場なんでしょうね。
 日本人も昔、ハワイで似たようなことしてたんでしょうか。 あ、いや、土産物はともかく、生活用品を買ったりはしてませんでしたね。

いつも拝見してヲります。

近年の新千歳空港ですが、偉いことになっていますのです。

虫国や台湾からの観光客が「大型ダンボール二箱」ずつの買い物をして行くので空港出発ロビーは「カートの山」で受け入れられない便は旭川や東北へと振り分けられているそうです。

新千歳空港利用者が2011年の84万人から2年間で1.5倍の127万人に増え、一昨年の14年も過去最高の更新が確実だそうで、発着便の遅延なんてアタリマエ状態。

2011年に大規模増築改修してリニューアルオープンしたばかりなのにね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« KDPで水泳エキソサイズ電子本を出版しました | トップページ | 宮古空港ガサ入れ »

AdSense

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ