« メリークリスマスです | トップページ | HondaJetの飛ばし方がわかる?? »

2016年5月 1日 (日)

テクノブレインとエアロシムが提携

 久々の発言となります。
 前回がクリスマスですから、あけましておめでとうから始めないといけないのかな?
 
 それはともかく、先日テクノブレインからのメールで、B787-9の機体アドオンを発売することを知りました。
 AppleWatchのグランスでチラ見したので、「あぁ、-8のストレッチを出すんだな」と思ったのですが、あれ?あれは確かエアロシム製のはず。 ということはテクノブレインが機体に手を出した?とかあれこれ想像していたら、なんと両者は提携を結んだのだとか。
 
 う〜ん、これは嬉しいことですね。
 詳細はあまり知らないものの、ここしばらくエアロシムは全くというほど動きがない、つまりあまり積極的に動けない様子がありありだったからで、とはいえ空港シーナリーと違って日本製の機体アドオンは他にほとんど手がけているところはなく、困ったことだと以前から案じていたからです。
 
 ただ、今回の-9のようなストレッチではなく、一から新しい機体、例えばエアバス系、エンブラエル、MRJやHonda Jetなどを作成できる人材が残っているのかなぁ、とまた勝手に不安にも感じています。
 逆に言うと、すでに基本データがあるQ400は、とほほなコクピットのグレードアップが可能なわけですから、FS2004機体のFSX仕様化も含めて楽しみでもあります。

 ところで当の787-9、飛行性能は向上できたんでしょうか。
 あれだけはcore i7クアッドでもカクカクするほど重いモデルでしたから、できればシートや内装を省いた飛行専用モードなどが選べればいいんですけどね。 もっとも、レンダリング不要の場合はあの手のギミックデータが読み込まれない/影響しないアルゴリズムにある場合はパフォーマンス劣化は別の問題になりますけどね。
 
 ま、何はともあれ明るいニュースです。
 これでSugiyasuさんにもまたやる気を出してもらわないと...

« メリークリスマスです | トップページ | HondaJetの飛ばし方がわかる?? »

アドオン」カテゴリの記事

コメント

 お久しぶりです。 水害の方は大丈夫でしたでしょうか。
 
 戦闘しながら空気吸入量までってのは相当マニア度高そうな気がします。
 WW2のプロペラ機は上昇/降下の度に口開閉してオーバーヒートやオーバークールを防ぎ、単発大馬力エンジンゆえにスラスト開閉ごと常にローリングに悩まされ、なんてことをやりながら相手攻撃して、逃げて... 一言で空戦のエースって呼ばれるにはどんだけのことを同時にこなしててん、ってものです。

 そうなると三面モニターでも力不足で、VRってことになるんでしょう。
 そのまま意識がどこかに行って帰ってこなくなるような気がして怖いですが...

久々にコチラ側にコメントを。

oba氏がフライトシミュレーターから離れて幾久しく。
当方は「WarThunder」なる対戦ゲームにハマっていますが、このゲームですが中々の出来栄え。

中でも三種のモードが有る「空中戦が凄い!」んですゎ。
最上級モードでは、空気吸入量まで調節して細かいところまで制御可能なんですって。
(自分はそこまで無理ですが)
なんでも「某フライトシミュレーターの開発者」がコノゲームの制作に参加しているそうですょ。

それと最近は「TRACK IR」って頭部の動きに反応して視点移動を行う機器も有るんですね〜。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メリークリスマスです | トップページ | HondaJetの飛ばし方がわかる?? »

AdSense

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ