« HondaJetの飛ばし方がわかる?? | トップページ | 中華ラジオでエアバンド »

2018年5月 8日 (火)

不思議なJ-AIR XM4219

 みなさん、お久しぶりです。 久々の更新となります。

 昨日、大阪がすごい雨になって、伊丹周辺はどうなってるかな、とFlightRaderを立ち上げると、なんだが変な便を見つけました。
 
 まず離陸後のルートが変で、通常32で離陸すると左ターンの後、西か東に向きを変えるのに、まさかの南進。  便名はXM4219で、発地は伊丹ながら目的地の記載がない。 機種はエンブラエルE170。
 もしかして関空への回送? と思ったらそのまま新宮まで南進して、太平洋に出て今度は東一直線。
 え... 何処へ??
 
Xm4219

 スケールを変えると、その先には八丈島。
 な〜んだ、伊丹発八丈島便だったのか、と念のため調べたら、伊丹からそんな便は出ておりません。(ANAが羽田から飛ばしているのみ)
 うわ〜、どこに行くねん、こいつ、と思ってたら紀伊半島と八丈島の間あたりで消えてしまいました。 といっても別に墜落したとかではなく、多分識別信号を切り替えたんでしょうね。

 なんだこいつ、と思ってさらに調べたら、この便名は伊丹-関空や、企画便、チャーター便などに使われる特殊なものであることが判明。 次にJA215Jという登録番号で検索したら、今月2日から昨日まで飛んでおらず、昨日は午前にも行き先不明で飛んでいることが判明。 ということは整備後の試運転だったかのかも。
 
 が、別途ふと浮かんだのが、伊丹-隠岐便がJACからJ-AIRになったニュース。 その一環として、発地はわからないものの、JALグループも八丈島便を検討し、そのための試験飛行だったとか?
 
 いえ、結局なんだったかよくわからないのですが、偶然面白いものを見つけた、というお話でした。

※引用元:flightrader24

« HondaJetの飛ばし方がわかる?? | トップページ | 中華ラジオでエアバンド »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 なるほど。
 そう言われてみれば、機影が消えたあたりは自衛隊の訓練空域だったかな、という記憶も。(民間に貸してくれるかどうか疑問ですが)
 回送のバスがいやに軽快に走っているように、パイロット達もこの飛行を楽しんでおられるんでしょうかね。

これは耐空検査ですね。
飛行機の車検でいろいろ
テストをするそうです。
北側の試験空域に向かうときや
高知空港に行くときもあるそうです。
当日の天気次第だそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« HondaJetの飛ばし方がわかる?? | トップページ | 中華ラジオでエアバンド »

AdSense

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ