« 不思議なJ-AIR XM4219 | トップページ

2018年6月 5日 (火)

中華ラジオでエアバンド

Radio1 先日、朝起きてボーッと時間つぶしにiPhoneでニュースを見ていたら、五千円を切る価格でエアバンドが聞けるというラジオライフの記事を見かけました。 なんでも、中華ラジオと呼ばれる中国製品で、マルチバンドやらなんやら個性豊かなラインナップが楽しめるんだとか。

 通常エアバンド、つまり航空無線を聞くにはそれなりの受信機が必要で、安くて二万円、私が何年も前にamazonのほしい物リストに入れたままのアルインコの製品は四万円もします。 いくらなんでもこれは高いなぁ、とずっと手を出せなかったのですが、この中華ラジオ(といっても、日本の朝日電器がELPAというブランドからER-C57WRとして販売)は4,950円!
 最悪、災害時のAMラジオにはなるさ、と布団から出ると同時にamazonで探してポチッとな。 タイミングが良かったのか、翌日昼には手元に。

 さて感度やいかに、といそいそとマニュアル見ながらとりあえず大阪タワーのセットしてみると、残念ながら伊丹空港方向のベランダ以外ではタワー側の声があまり取れません。 てか、その後でネットを見てみると、自宅である程度でもタワー無線が聞けるだけでもありがたいことだと知りました。
 とはいえこの感度性能はどうなの?とこれも調べてみたら、価格を考えると決して悪いものではないということで、うん、まずまずなのかな。
 でもスケルチかけないとうるさいし、かけると不安になる程何も聞こえない。
 
 がその後、この手のラジオは微弱な雑音にも影響される(故に不経済は承知でもACアダプタではなく電池で聞くのがベターとか)、ということがわかり、パソコンやらテレビなどの電子機器から遠い位置に置き、さらにガラスの金網も嫌って窓を開けるなど研究。
 すると一応大阪タワーのやり取りは自室からでもなんとか聞こえるようになり(とは言っても地上発は弱い)、関西デパーチャーや八尾タワーもそれなりに聞こえることがわかりました。 そうそう、今夕は関空タワーも雑音が多いながらも確認。
 いやいや、いけないいけない、せっかく安価でとりあえずは聞けるようになったわけで、ここから深入りしてはいけない...

 あ、そうそう、本体裏に折りたたみ式のヘラのような足があって、これを使うと本体がちょうどいい具合にチルトします。 もちろんこのままでロッドアンテナも使えます。
 大昔、スカイセンサーのように底面積が狭いラジオを倒した挙句、ロッドアンテナを折ってしまった苦い経験がある身としては、この配慮はとてもありがたい。

 でもネットにあった、なんでこういうユニークな家電が日本で作られなくなったんだろう、という意見に賛成。
Radio2

« 不思議なJ-AIR XM4219 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 不思議なJ-AIR XM4219 | トップページ

AdSense

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ