アドオン

2016年5月 1日 (日)

テクノブレインとエアロシムが提携

 久々の発言となります。
 前回がクリスマスですから、あけましておめでとうから始めないといけないのかな?
 
 それはともかく、先日テクノブレインからのメールで、B787-9の機体アドオンを発売することを知りました。
 AppleWatchのグランスでチラ見したので、「あぁ、-8のストレッチを出すんだな」と思ったのですが、あれ?あれは確かエアロシム製のはず。 ということはテクノブレインが機体に手を出した?とかあれこれ想像していたら、なんと両者は提携を結んだのだとか。
 
 う〜ん、これは嬉しいことですね。
 詳細はあまり知らないものの、ここしばらくエアロシムは全くというほど動きがない、つまりあまり積極的に動けない様子がありありだったからで、とはいえ空港シーナリーと違って日本製の機体アドオンは他にほとんど手がけているところはなく、困ったことだと以前から案じていたからです。
 
 ただ、今回の-9のようなストレッチではなく、一から新しい機体、例えばエアバス系、エンブラエル、MRJやHonda Jetなどを作成できる人材が残っているのかなぁ、とまた勝手に不安にも感じています。
 逆に言うと、すでに基本データがあるQ400は、とほほなコクピットのグレードアップが可能なわけですから、FS2004機体のFSX仕様化も含めて楽しみでもあります。

 ところで当の787-9、飛行性能は向上できたんでしょうか。
 あれだけはcore i7クアッドでもカクカクするほど重いモデルでしたから、できればシートや内装を省いた飛行専用モードなどが選べればいいんですけどね。 もっとも、レンダリング不要の場合はあの手のギミックデータが読み込まれない/影響しないアルゴリズムにある場合はパフォーマンス劣化は別の問題になりますけどね。
 
 ま、何はともあれ明るいニュースです。
 これでSugiyasuさんにもまたやる気を出してもらわないと...

2015年3月19日 (木)

TBインストール後の旧石垣に降りてみた(2)

Ishigaki21
 でこぼこの旧石垣から飛び上がってしまえば、あとはストレートインで新石垣RWY04に楽々着陸です。
 
Ishigaki22
Ishigaki23
 ところが、ふとカメラアングルを切り替えたら、すぐ後ろからORBIT AIRLINEのAI機がアプローチ中。 うわわわ、いくらATCが無いとはいえ、これはえらいことです。
 
Ishigaki24
 慌てて急ブレーキ、急ハンドルで逃げたら、AI機でも一定の危機回避ルーチンが組んであるのか、ゴーアラウンドしてくれました。
 
 それは良いんだけど、15分程待っててもORBIT機は帰ってきませんでした。 どーもすいやせん。
Ishigaki25

2015年3月16日 (月)

TBインストール後の旧石垣に降りてみた

 宮古空港にガサ入れしたら次は石垣なんですが、こちらは以前にも触れたように、あまり個性がありません。
 そこでふと思いついたのが、TB新石垣を入れた後の、つまり廃港になった後の旧石垣空港への好奇心です。
 
 一応説明しておきますと、TBの新石垣をインストールしなければ(あるいは無効化すれば)、旧石垣は見た目はデフォルトながらもそのまま使用できますし、上記リンクの記事でも着陸した画像を貼付けています。 そしてインストール後は、同じ場所ながら滑走路に「×」マークがペイントされて使用禁止となってしまいます。 でも一応滑走路らしき姿は保っているし、建物もまだそのまま残っているし、と一種の探検気分でセスナを選んで飛んでみました。
 
Ishigaki11
■新石垣のRWY22から飛び立つと、そのまま直進で少し北側に旧石垣が見えます。
 
Ishigaki12
■一旦通り過ぎて沖合でUターン。
 
Ishigaki13
■一見何も異常なさそうですが...
 
Ishigaki14
■滑走路に降りたらブレーキが利かないし、大きなうねりがあり、停止したら脚が砂に埋まったようになっています。 どうも解体工事中という条件設定になっているようです。
 
Ishigaki15
■誘導路も大きなうねりがあってなかなか進めませんが、管制塔から周辺の建物は綺麗に残っています。 リアリティを高めるためとはいえ、廃止された空港のためにここまで作り込まれていることに感謝ですね。
 
Ishigaki16
■EZdok Cameraで機体を離れ、(多分)駐車場跡から旅客用ターミナルを覗いてみました。 「出発 Departure」表示と、壁に描かれた絵のようなものが郷愁を誘います。
 
Ishigaki17
■全体像はこんな感じ。 立派に現役空港です。
 
Ishigaki18
■さて、降りたは良いけど、飛び立てるのかどうかが心配です。
 ぶわんぶわんと機体があおられる中、フルフラップでとりあえず何とか脚が離れました。 ふと雪山から離陸するミッションを思い出します。
 
Ishigaki19
■ほなさいなら〜と、旧石垣を後にしましたが、新石垣に戻ったときにちょっとしたアクシデントが...

2015年2月19日 (木)

宮古空港ガサ入れ

 ガサ入れと言っても、宮古空港はテクノブレイン製ですから、とのちゃんさん作の鹿児島空港のように細かいところにお遊びがあるわけではありません。 だからかなりあっさりですが、EZdok Cameraでうろうろしてみました。
 
Miyako31
Miyako32
 こうして見ると、ターミナルビルはイワガニのようでもあります。
 モデリングが荒いとはいえ、駐車場に車がランダムに停まっているのはリアリティが増します。
 
Miyako33
 これは何かというと、EZdok Cameraのコックピットカメラの設定で、壁を不可視にした結果。 機首辺りにコクピットの機器だけが浮かんで見えます。 EZdok Cameraの動作、未だに良く分かっていません。
 
Miyako34
 海側から超望遠で望んだ空港建屋。 PhotoShopで陽炎っぽい処理を加えると、結構リアルに見えます。
 
Miyako35
Miyako36

 ビルの展望台から見た風景。 今回はこれまでとは打って変わってAI機に恵まれませんでした。
 この赤い尾翼のデフォルトAIボンバルディア、台湾あたりの航空会社のイメージかと思っていたら、期待下部に「ORBIT AIRLINE」のロゴ。 あのオレンジ+水色だけがCIカラーじゃなかったんですね。

2015年2月 9日 (月)

TB新石垣空港・宮古空港をインストール(那覇へ)

 ちょいと時間が空いてしまいました。 それではそろそろTB新石垣空港・宮古空港シリーズの最後として、折角ですから宮古から同じテクノブレインの那覇まで飛んでみましょう。
 
Miyako21
 建物が凝っている割に、滑走路は誘導路無し、つまり滑走路を端まで自走してUターンする、とってもローカルな風景が新鮮です。 FSXのミッションに出てくる見知らぬローカル空港で何度も経験してますけど、リアルなシーナリーは初めて。 でも前輪をガイドする黄色い線が引かれているので安心です。
 本来なら、スラストも右エンジンだけ上げるのでしょうが、Saitekのレバーは全エンジン制御なので、横着して左ブレーキだけでターンしました。
 
Miyako22
 VR, V2、と宮古を後にします。
 
Miyako23
 エアロシムのフライトプランを読み込むと、一旦宮古島上空を旋回して高度を上げ、それから沖縄本島に転向します。
 
Miyako24 
 米軍やら自衛隊やらの訓練空域のお陰で、相変わらず沖縄周辺のコースはグネグネしています。 宮古島から那覇へも、最後にまっすぐ進めば良いものを「逆くの字」を取らされて、最終アプローチとなります。 低高度で水平飛行する時間は長く、フラップと脚のせいで燃費も良くないでしょう。
 
Miyako25
 よいしょっと、デフォルトB737おなじみの白煙を上げて無事タッチダウンです。 右後方に見えているのは琉球温泉瀬長島ホテル。 なかなか贅沢そうなホテルですな〜
 
Miyako26
 米軍が、自衛隊が、と文句を付けつつ、こういう風景こそ沖縄やの〜と感じてしまうのも事実。
 
Miyako27
 先の新石垣島の時と同じく、AI機に恵まれた駐機場風景。
 遠くのB747も入れるとANAが4機、デフォルトAI機が2機。 特に手前のB777はこちらが駐機した後から大きなエンジン音とともに隣に滑り込んできたために、ちょっとワクワクしました。 これらの出現はランダムであるため、なぜか得をした気持ちになります。
 ただし、遠方のオレンジのオービット機、全くline up and waitをせずに、B747の後を追って離陸しました。 四発のジェット後流、どないしまんねん...

2015年2月 1日 (日)

TB新石垣空港・宮古空港をインストール(宮古へ)

 では次は逆に新石垣から宮古に飛んでみましょう。
 今回、後でレポートする宮古→那覇編も含めて面白かったのがAI機。
 それほど広くない新石垣のエプロンには二機のB737、A321、DHC8-100がひしめいていました。 でもリアルのエアラインはJEXのみ。 というか、正確にはJTAの、しかもB737-800ではなく400なんですが、そこまでは気にしないことに。
Miyako11

 丁度ニュースで宮古島と伊良部島(下地島とほぼニコイチ)を結ぶ橋が開通、と昨日やってましたが、アドオンには既に盛り込み済みでした。 なかなか夢があります>テクノブレイン
 さらに向こうに見える池間島、そして南西にある来間島とは既に橋が繋がっていて、今回の開通で宮古島を中心に五つの島が陸路で繋がったということです。 でも伊良部島との橋は3.5kmもありますから、夏場に歩いたら死ぬんじゃないかと。
Miyako12

 
 そんな宮古島のディテールをデフォルトと比べてみます。 まぁ、一目瞭然ですね。
Miyako13
Miyako14

 北側からのアプローチ、デフォルトでは単純な断崖絶壁だった場所です。 実際はどうなっているんだろうと思ってたら、こんなだったんですね。 平瀬尾神崎というところだそうです。
Miyako15

 よいしょっと。 このデフォルトのB737、着陸はもちろん離陸のときにもよくタイヤから煙が出ます。 最近滑走路にあわすのにラダーを使って調整するコツがわかってきました。 ほら、ほんの少し左に切れてるでしょ?
Miyako16

 
 宮古空港(宮古島空港でない)の建物はなかなか凝ってます。 こちらはカーゴベイを開くと支援車両が来てくれました。
Miyako17

2015年1月30日 (金)

TB新石垣空港・宮古空港をインストール(新石垣へ)

 さて、では美しい下地島空港を横目に、新石垣空港へ飛びましょう。
 デフォルトのレポートは後で、と書いたものの、何せ新空港ですから、こういう話には旧時代との比較がつきものかと思い、まずはデフォルトの風景をご紹介しておきます。

Ishigaki01
■丁度機体の右辺りが新石垣空港で、その先に見えるいかにもデフォルトっぽい滑走路が旧石垣空港です。 ここでも田畑と海岸線のつくりが雑なのがわかります。
 
Ishigaki02
■角度は少し違うものの、ほぼ同じ場所。 眼下に新石垣空港が広がり、周辺の陸地や海岸線、礁のディテールが美しい。 左前方には旧空港も見えます。

Ishigaki03
■一旦新空港VORを通過後、滑走路に15度程度のオフセットをつけた角度で10DME程度離れ、そこでドッグレッグしてアプローチします。 左には×マークを施された旧空港を眺めることができます。
 このマーク、どこかで見たなと考えたら、ドラックレースのミッションでした。
 廃止空港とはいえ、エプロン周辺には色々な建造物がありますね。 軽飛行機で降りられるものなら一度ガサ入れしてみたいものです。
 機体後部辺りに見えるバブリーな施設はANAのリゾートホテル。 いいなぁ...

Ishigaki04
Ishigaki05
■ILSの周波数がわからなかったので、目視で無事着陸。
 宮古島に比べると、こちらは向こうに見える南国の海以外は比較的標準的なあまり個性のない空港というイメージです。
 カーゴベイドアを開いて待っているのですが、支援車両は来てくれません。
 
 ここでふと気づいたことは、可動ボーディングブリッジに影がつかない不自然さです。 機体の影を落とすという選択をしていると余計にその差が目立ちます。 ただこれは覚えている限りテクノブレインに限ったことではない気がして、恐らくはFSXの制限なのかもしれません。

 最後にデフォルトの旧石垣空港エプロンをご紹介しておきます。 ANAの機体にとても違和感がある、「どこの異国やねん!」でした。
Ishigaki06

2015年1月29日 (木)

TB新石垣空港・宮古空港をインストール(序編)

Miyako01
Miyako02
 昨日少し時間ができたのでテクノブレインの新石垣空港・宮古空港を入れてみました。
 実はその前に、デフォルトのままの旧石垣空港離発着を試しているのですが、ここをご覧になっている多くの人にとっては、それよりもTBの新作は?というのが最大関心事でしょうから、それは最後にレポートすることにします。
 
 とはいえ、TB新石垣空港・宮古空港を入れる前から気になっていたのが、エアロシムの「First Step for FSX」をインストールすることでグレードアップされる下地島空港のシーナリーと、Ochiaiさん制作のフォトシーナリーとの相性です。(両者についての詳細はこちら
Sceenaly_set

 幸いなことに、結論から言うと、全く問題ありませんでした。
 ただし、多くの人にとってはフリーである後者の方が利用者が多いと思われますので、「TB新石垣空港・宮古空港のみ」>「+Ochiai氏フォトシーナリー」>「+AS RORS」の順で検証した画像を掲載しておきます。
 

Shimoji01
■「TB新石垣空港・宮古空港のみ」西側海岸の遠浅のトロピカルさがありません。田畑の表現も大雑把で、海岸線がぶつ切りになっているところも


Shimoji02
■「+Ochiai氏フォトシーナリー」海模様が俄然南の島になりました。田畑海岸線ももきめ細かくていねいになっています。


Shimoji03
■「+AS RORS」この高度からではよく見えないと思いますが、エプロン周辺のディテールが全く違います。また、西側の海中に並ぶ誘導灯も出現。
 
 に、しても実際にこの地域の路線を持っているスカイマークのB737-800をたまたま選んだら、夕方のニュースで民事再生法申請と流れてきて、偶然とはいえ何ともはやです。
 安かろう悪かろうな経営だと思ったら、つい最近まで無借金経営の優秀財政だったそうですね。 燃料費高騰とエアバスキャンセル料が急速な経営悪化を招いたとはいえ、これを潰すと全国レベルではANA, JALの寡占体制が再び強くなるし、しかして国費投入はJALの件もあってそう簡単には行かないだろうし、スカイマークの果たす役割は今後peachに担わせれば良いと最終的には清算するのか、国交省の判断が気になります。

2015年1月27日 (火)

TB新石垣空港・宮古空港が来たけれど

 インストールする時間がありません...
 
 予約をするのを忘れたのを良いことに期待したAmazon価格は、発売直後だけあって800円程度。 微妙でした。
 
 とりあえずパッケージを開け、同梱のアプローチチャートを眺めていると、宮古の運用に隣の下地島が全く利用されていないのに気づきました。 下地島はもう完全に運用を停止してしまったのでしょうか。 FSX上とはいえ、ここで何度も訓練を楽しんでいたものとしては少し寂しい気がします。

 一方で石垣のVORは新しい周波数にちゃんと切り替わっていているのを確認。
 ただ、インストール前に旧空港での急速離着陸を体験してみないと、と今になって変な願望が沸き上がってきています。 まぁ、インストール後でも設定一つでいつでも復帰可能なのがバーチャルの良いところですけど。

2015年1月21日 (水)

ウィングクリエイションをリンクに追加

 このページからのリンクにウィングクリエイションを追加しました。
 
 この会社の存在を知ったのは実は最近で、ほ〜、こういう会社もあったんだ、と嬉しかったのを覚えています。 英語主体、決済も海外云々とあるので、外国の会社だと思ってたら実は南青山にある日本の会社なんですね。

 もちろん、それは本質には何の問題もありません。 ただし扱っている空港が、個人的にあまり縁のない場所ばかりなので、実際に注文には至っていません。
 成田は国際線では新婚旅行で一度、国内線では二〜三度かな? 福島空港はかなり前にHiroさんのサイトからアドオンを手にいれて、結構満足しています。

 このような個人制作の例を除いても、ウィングクリエイション、エアロシム、テクノブレインと、それぞれが既に商品化されていない空港を選ばなくては、もともとそれほど多くのパイが存在しているとは言い兼ねる市場だけに、決断には慎重さが要求されるところでしょうね。

より以前の記事一覧

AdSense

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ